薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を自分が書くとしたら はてなブックマーク - 「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を自分が書くとしたら

人気科学ブロガーぱんつさんの以下の記事に刺激されて、この記事を書きました。

 

ぱんつさんのブログ「アレ待チろまねすく」
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を僕が書くとしたら

 

 NHKのニュースサイトに「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」という内容の記事が公開されました(ぱんつさんの記事にも、全文掲載されています)。「この記事と同じ内容の科学記事を、自分ならどう書くか」という視点はとても面白く、また、同じ趣向の記事をおぱんださんも書かれていたので、私も便乗させていただきました。

 

おぱんださんのブログ「券売機で購入できます」
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を私が書くとしたら

 

なお、私の記事を作成するにあたり、論文著者が所属する国立成育医療研究センターの以下のプレスリリースを参考にしました。

正常な胎盤及び胚の発育に必須の卵子 X 染色体の活動を維持する仕組みを解明

それでは、私の書いた記事はこちらです。


 メスの受精卵が正常に発育するには、2本あるX染色体のうち卵子由来のX染色体のみが働くことが必要です。国立成育医療研究センター研究所の福田篤研究員と阿久津英憲生殖医療研究部長のグループは、この仕組みをマウス受精卵を用いて世界で初めて明らかにし、科学雑誌ネイチャーコミュニケーションに発表しました。
 これまでの研究から、イグジストという遺伝子がX染色体を働かなくすることが知られていました。福田研究員らは、染色体を構成するヒストンというタンパク質に注目し、卵子由来X染色体のヒストン上に、イグジストの機能を止めるための「目印」を発見しました。この目印は、ヒストンのリジンというアミノ酸に、メチル基という構造が結合してできています。この目印があると、卵子由来のX染色体のイグジストは機能せず、X染色体は機能できます。一方、精子由来のX染色体は目印を持たないので、イグジストが機能し、X染色体は働きません。
 同様のメカニズムがヒトにも存在した場合、この仕組みの異常が、反復性流産などを引き起こす可能性も考えられます。今回の結果は、原因不明の不妊・不育症に対する新しい治療法の開発に繋がるかもしれません。(ここまで495字)

 この記事を書くにあたって、NHKの記事の文字数(421字)にできるだけ近づけることを目標にしました。ちなみに、NHKのアナウンサーは、漢字仮名交じりで1分間に300~350語くらいの速度で原稿をよむそうなので(参考NHKアナウンサールームQ&A)、1分半くらいのニュース原稿という感じでしょうか。

 

 記事を書いていて、特にきつかったのは、「できるだけ科学的背景を省略せず伝えること」と「NHKの記事の字数に出来るだけ合わせること」を両立させることでした。実際にやってみて、短い文章の中で、平易な文章・単語を使って科学的内容を説明するには、それなりの技術が必要なのだと痛感しました(これは、科学に限らず、専門知識が必要な分野全てに関して当てはまると思います)。また、ニュース原稿と想定すれば、字面で見るのと耳で聞くのとでは、内容理解のしやすさが全然違うでしょうから、そういう点も本来は気をつけて書かなくてはいけないのだと思います。

 

今回は元論文を読む時間がありませんでしたが、記事の作成スピード(この記事を書くのに小一時間かかりました)や内容の簡潔さを要求されることを考えると、元論文の正確な理解より、まずはプレスリリースの正確な理解が大事なのだと思います(プレスリリースの出来に左右されたりもするのですが)。で、その中でも、短い文章にする上で、どの内容を取り上げ、どの内容を省略するか、が問われるのでしょう。

 

参考;元論文

The role of maternal-specific H3K9me3 modification in establishing imprinted X-chromosome inactivation and embryogenesis in mice.

Nat Commun. 2014 Nov 14;5:5464. doi: 10.1038/ncomms6464.

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2014/12/16 21:53 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(0)

まつげを伸ばす薬「グラッシュビスタ」の名前の由来 はてなブックマーク - まつげを伸ばす薬「グラッシュビスタ」の名前の由来

まつ毛を伸ばす薬「グラッシュビスタ」が、9月にアラガンから発売されました。海外では、「LATISSE」という商品名で使用されており、まつげが少ない状態(睫毛貧毛症:しょうもうひんもうしょう;睫毛とは、まつ毛の表記で、しょうもうと読む)の治療として用いられてきました。日本でも、厚生労働省から承認を受け、医師の処方の元で使えるようになりました。

 

まつ毛が伸びる薬を、一体どのような病気に使うのでしょう?まつ毛が少なくなる状況というのは、抗がん剤によるがん化学療法の副作用(全身性の脱毛の一部)、円形脱毛症などの皮膚疾患などで起こります。また、加齢によってもまつ毛の数は減少することがあります。薬剤開発元のアラガンは、この中でも化学療法におけるまつ毛の脱毛は、患者さんの心理状態を不安定にさせ、生活の質を低下させる症状であると考えました。このような患者さんの外見上容姿を整え、精神的負担を軽減することを目的に、アラガンはまつ毛の成長を促進する薬剤を開発しました。

 

グラッシュビスタの名前の由来;

グラッシュは、Growth of Eyelash(睫毛の成長)に由来(グラッシュビスタのインタビューフォームより)

薬の効果、そのままですね。

ビスタはVista;辞書では「眺望、光景」を表す言葉。

 

グラッシュビスタの薬効成分である「ビマトプロスト」は、まつ毛の成長を促進し、まつ毛を太くする作用を示します。この作用は、ビマトプロストを緑内障(目の眼圧が上がることで、視神経が傷害され視力が低下する病気)の治療薬として使用するときに、患者さんのまつ毛が伸びるということから発見されました。

 

この辺りの経緯については、下記リンクをご参照下さい

薬作り職人のブログ まつげを伸ばす薬「LATISSE」

有機化学美術館   まつ毛が伸びる薬・グラッシュビスタ日本上陸

 

まつ毛が伸びる効果は、海外、国内での臨床試験において確認されています。がんの化学療法を受けた患者さんを対象とした、日本国内での臨床試験結果では薬剤の使用開始から4ヶ月後のまつ毛の長さについて、薬剤群はプラセボ群に対し統計学的に有意な差を示しました。

2014 11 22 2147

グラッシュビスタのインタビューフォームより)

 

ただし、グラッシュビスタの薬効成分であるビマトプロストには副作用も報告されています。 緑内障の治療薬としてビマトプロストが使われる時には、点眼薬として使用されていたのですが、目の周りの皮膚や虹彩(眼球の色がついている部分、瞳)が着色するという副作用が報告されています。グラッシュビスタでは、このような副作用を防ぐために、点眼薬ではなく専用のアプリケーターを用いて、まつ毛の周囲の皮膚に薬液を塗布するようになっています。それでも、グラッシュビスタの臨床試験では、皮膚の着色が報告されているので、気をつける必要があります。

 

今回、グラッシュビスタに対しては健康保険が適応されていません。その理由はよくわかりませんが、もし、医療行為によってまつ毛が少なくなるのを改善することがあくまで「美容」の観点でしか見られていないとすれば、もう少し考慮されても良かったのではないのかな、とも思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2014/11/23 08:29 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(0)

マイクロスコープからナノスコープへ 2014年ノーベル化学賞 はてなブックマーク - マイクロスコープからナノスコープへ 2014年ノーベル化学賞

今年のノーベル化学賞は、エリック・ベツヒ氏(アメリカ、ハワード・ヒューズ医学研究所)、シュテファン・ヘル氏(ドイツ、マックスプランク研究所)、ウィリアム・モーナー氏(アメリカ、スタンフォード大学)の3名が受賞しました。受賞理由は、「超解像度蛍光顕微鏡の開発」、光学顕微鏡の理論的限界を越えた解像度を持つ顕微鏡を開発した業績が対象となりました。ノーベル賞の解説資料では、「マイクロスコープがナノスコープに なった」という面白い表現で、この業績を紹介しています。マイクロスコープは英語で「顕微鏡」、マイクロは100万分の1、ナノは10億分の1を表します。今までの顕微鏡が、ものすごく細かいものが見えるよう進化した、というニュアンスでしょうか。

 

プレスリリース
http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/laureates/2014/press.html

公式サイトでの解説(popular infomatuon;英語だけどオススメ)

http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/laureates/2014/popular.html 

ノーベル化学賞に米独の3人(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141008/t10015244191000.html

 

顕微鏡といえば、実験室で細胞とか動物・植物の組織標本を観察した覚えのある方も多いと思います。生物学の世界では、顕微鏡は欠かすことが出来ないツールです。生き物の仕組みがどうなっているのか、というのを知ることは、ストレートに言うと、生き物の構造がどうなっているのか、生き物はどのような姿をしているか、を知ることです。構造を知ることで、その機能・働きが理解できる、といってもいいでしょう。

 

理科の授業で顕微鏡を覗いて、生き物が細胞の集まりで出来ていることを実感した方も多いと思います。このような用途に用いられる顕微鏡は、光学顕微鏡とよばれる種類の顕微鏡で、普通の光(可視光とよばれます)を対象に当てて観察します。薄い切片を観察することが多いですが、生きている細胞や微生物を観察することも可能です。

 

光学顕微鏡には「ある一定以上の解像度を持たせることができない」という技術的限界があるとされてきました。解像度とは、異なる2点を「異なる」と区別できる能力のことで、解像度が不足すると異なる2点を2点と認識できなくなります。顕微鏡では、用いる光の波長によって得られる最大の解像度は変わってきます。この解像度の限界は、解像度の算出式を導き出した科学者の名前を取り、アッベの顕微鏡の分解能の限界( Abbe’s diffraction limit )と呼ばれています。光学顕微鏡の場合、解像度の限界は0.2マイクロメートル(1000万分の2m)であり、これは細胞内小器官(細胞の生命活動の場である、ミトコンドリアのような構造)の大きさよりやや小さいくらいです。つまり、光学顕微鏡でミトコンドリアより小さい物を見ようとすると、解像度が足りなくてぼやけてしまい観察することが出来ません。

2014 10 08 Fig1

「アッベの顕微鏡の分解能の限界」のイメージ。他の生物やウイルスとの比較
公式サイト資料から) 

解像度が足りないのをカバーするには、観察対象に当てる光の波長を短くする事が必要です。実際、電子顕微鏡では、ものすごく波長が短い「電子線」を用いることで、光学顕微鏡よりも高い解像度を実現することができます(ちなみに、電子顕微鏡の発明に対しては、1986年にノーベル物理学賞が与えられています)。しかし、波長が短いということは、光のエネルギーが非常に高くしなければいけないということでもあり、生きている細胞を観察するには適していません(あまりに高いエネルギーを与えると細胞が壊れてしまいますし、電子顕微鏡では真空下の観察が必要です)。

 

生物学の研究においては、生きている細胞、生きている組織の姿をそのまま見たいという欲求は非常に強いものがあります。今回のノーベル賞受賞理由となった「超解像度蛍光顕微鏡の開発」は、その望みを「蛍光」という化学の道具を用いて見事に叶えた、顕微鏡技術のブレークスルーといえます。

 

今回の受賞対象となった「超解像度蛍光顕微鏡」の技術は2種類あります。ひとつは、ヘル氏によるSTED(誘導放出制御) 顕微鏡、もうひとつは、ベツヒ氏とモーナー氏によってそれぞれ開発された、1分子蛍光顕微鏡です。

 

いずれの技術も、蛍光物質を用い、極めて微小な範囲での蛍光を検出することで、高解像度を実現しています。蛍光物質は、ある特定の波長の光を当てると光る物質です。有名な蛍光物質としては、蛍光を出す能力を持つタンパク質GFP(下村脩が発見、ノーベル化学賞受賞)があります。今回、細胞を見るためには、GFPのような蛍光タンパク質を用います。例えば、細胞や微生物に蛍光タンパク質をつくらせたり取り込ませたりした後に、蛍光を発する波長の光を当てることで、その蛍光物質がある場所がわかります。いずれの高解像度蛍光顕微鏡の技術においても、蛍光タンパク質がどこにあるかを知ることで、細胞や微生物の全体像をつかむというアイデアが用いられています。

 

STED(誘導放出制御) 顕微鏡では、対象に向かって蛍光物質が光る波長の光(Exciting laser beam)を当てるのですが、その光の周りに蛍光が消える波長の光(Quenching laser beam)を同時に当てます。すると、蛍光物質が光る波長の光だけが絞りこまれ、非常に狭い範囲での蛍光を検出することが出来ます。そして、この作業を繰り返していけば、細胞の構造に含まれる蛍光タンパク質の分布(=蛍光タンパク質が発現する対象の形)が浮かび上がってきます。こうやって得られる対象の像の解像度は、「アッベの顕微鏡の分解能の限界」を超えることが可能です。異なる2点を一度に見るからダメなのであって、1点1点をたどって全体像を再構成すればよい、というイメージですね。

2014 10 08 Fig2

STED顕微鏡のイメージ。ビームを細めて、一点一点なぞっていくと姿が浮かび上がる。
公式サイト資料から) 

一方、1分子蛍光顕微鏡は、蛍光タンパク質の1分子を見るという手法を使います。対象に弱い光を当てて、対象の上にある蛍光タンパク質の一部だけを光らせます。対象の上にある蛍光タンパク質の一部だけが光るので、その蛍光タンパク質同士の距離は「アッベの顕微鏡の分解能の限界」よりも大きくなると考えられ、対象の形は複数の蛍光(の点)として表すことが可能です。この作業を何度も繰り返すことで、対象全体を蛍光の点の集合として表すことが出来ます。STEDが対象の上をなぞるイメージとすれば、1分子蛍光顕微鏡は、何枚も何十枚も写真を撮ると全体像が浮き上がってくる、というイメージです。

2014 10 08 Fig4

1分子顕微鏡のイメージ。蛍光タンパク質の位置を1分子単位で取り込み、同じ視野で何枚も写真をとってそれらを重ねあわせることで全体像をつかむ。
公式サイト資料から) 

 

2014 10 08 Fig5

左が通常の蛍光顕微鏡での観察像、真ん中が同じ視野を1分子顕微鏡 で観察した像。解像度が上がり、ヨリ細かい部分まで見えている事がわかります。
公式サイト資料から)  

 

いずれの手法も、一度に対象を見るのではなく、細かい部分の積み重ねで全体をつかむという、いわば「積分」の感覚で物の形を把握します。私達が通常イメージする顕微鏡とは大分異なりますが、そういう発想の転換があるからこそ、今まで見えなかったものが見えてくる、ということなのでしょう。

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2014/10/08 22:07 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(0)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...