FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

魚とそばとソースカツ丼。 はてなブックマーク - 魚とそばとソースカツ丼。

里帰りの間は、おいしい食べ物のオンパレードです。

初日のヒラマサの刺身と煮物は絶品でした。
煮物は、懐かしい実家の味。
一切れでご飯一杯は軽くいただけます。
さっそく、嫁さんがレシピを聞いてました。
さて再現できるかな。

2日目は、そばとソースカツ丼。
そばは、冷やしたおろしそば。
福井では一番人気のおそばです。
大根おろしをいっぱい加えたそばつゆを、
かつお節とねぎをかけたそばの上に豪快にぶちまけて、
よく絡めていただきます。
これはやめられません。何杯でも食べられます。
天ぷらものせて、あっという間に平らげました。

メインイベントは、ヨーロッパ軒のソースカツ丼。
息子が、いつかいつかと楽しみにしてました。

福井でカツ丼といえばソースカツ丼を指します。
おそばやさんでも、ソースカツ丼。
その福井のソースカツ丼の本家がヨーロッパ軒。
こんな感じです↓(ヨーロッパ軒HPより)




ウスターソースをベースにした特製ソースに
サクサクに揚がったカツを漬け込み、
熱々のご飯の上にカツをのせ、
ソースをかけていただきます。
カツ以外の具はなし。
カツとソースだけのシンプルな丼です。
カツのサクサク感、ソースとご飯の相性は最高。
いろんなところでソースカツ丼食べましたが、
ヨーロッパ軒の味を越えるものはまだ経験してません。
ヨーロッパ軒は、福井県外には出店しないポリシーなので、
この味は、福井県でしか味わうことができないのが残念。
もちろん、家族みんなでぺろりと平らげました。大満足。

やっぱり故郷の味というのはいいものですね。

人気blogランキングへ

福井のおいしい食べ物に、
応援ポチッとお願いします
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/07/17 21:31 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...