FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

嫌われBさんの一生。 はてなブックマーク - 嫌われBさんの一生。

これまでのあらすじ

K君はAさんとつきあいたくてがんばってるのに、
Aさんの友達のBさんに猛烈にアタックされて困っています。

(開発中の副作用をなくしたいのに、工夫すればするほど副作用が強くなってしまい困ってる、ということ)

って、先週と変わってないやん。

「Bさん頑張れ」の声が多い(?)ので、今日は、Bさんの話。

実は、Bさん、波瀾万丈の人生を送ってきました。

Bさんは、ある病気に関連したタンパク質。
その病気の治療薬S君の恋人(ターゲット)でした。
(その時はBさん、まだ世の中に顔を出してません)。
S君は、大変に期待されていて、
臨床試験の結果が注目されていました。

ところが、、、この臨床試験が、Bさんのつまづきの始まり。
臨床試験の結果、死につながる副作用が発見されたのです。
これは大変だ、ということで原因を探っていくと、、
Bさんが原因でした。

これが、Bさんが世の中に出るきっかけ。

Bさんは、病気の原因のタンパク質であると同時に、
体の中で大変大事な働きをしていたのです。
たしかにS君のパートナーとしては最適だったのですが、
S君とつき合うのに夢中になりすぎて、
体の中での働きをさぼってしまったのです。
おかげで、大変な副作用を生じさせてしまいました。

S君は、お蔵入りとなり、Bさんも表舞台から消えました。

しばらく経つと、薬の世界で変なことが起こり始めました。
社会に出だしたばかりの薬の卵たちが、
次々に姿を消していったのです。

そう、Bさんです。
Bさんが、いろんな薬たちにアタックしていったのです。
Bさんは、外見を気にしません。中身に惚れて、惚れ抜きます。

アレルギーの薬のX君もそうでした。
愛するHさんがいるにもかかわらず、Bさんと浮気。
Bさんのアタックに、X君は、まいってしまいました。
おかげで、副作用が出て、X君は薬の世界から追放されたのです。

いまでは、すっかり嫌われ者になってしまったBさん。
優秀な薬の卵たちが、Bさんと浮気しないよう、
世の中の製薬会社はにらみを利かせています。

Bさんは、体になくてはならない魅力的なものなんだけど、
おつき合いを許すことはできません。

K君、こういう事情だから、B子さんには振り向かないで。
Aさんだけを見続けて。

人気blogランキングへ

応援ポチッとお願いします
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/06/21 21:38 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...