FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

惚れたのはあなたの中身。 はてなブックマーク - 惚れたのはあなたの中身。

これまでのあらすじ

K君はAさんとつきあいたくてがんばってるのに、
Aさんの友達のBさんに猛烈にアタックされて困っています。

(開発中の副作用をなくしたいのに、工夫すればするほど副作用が強くなってしまい困ってる、ということ)

一週間しか立ってないので、あんまり変化はないのですが、
これまでのデータを見て、わかってきたこと。

「ある基本構造にいろんな部品をくっつけて新しい化合物を作り、副作用を無くす」

という方針で、化学者さんたちが頑張ってるのですが、
実は、その基本構造自体が副作用の元、ではないかと。

つまり、Bさん、A君の外見じゃなく、その中身に惚れてます。
Aさんの友達だからこそ、よくわかるんでしょうか。
A君の外見なんか少しぐらい変わってもはどうでもいい。
こっちを見ててくれればいい。

で、Aさんは、まだそこまでK君のことを思ってない。
というか、K君のよさがまだわかってない。
K君が、Aさんに振り向いてもらおうと外見や仕草を色々かえても、ある一線は、まだまだ超えられない。

K君、自分の中身をAさんにわかってもらわないとだめですね。
そのために、いろいろとまだやるべきことは残ってます。
もしかしたら、K君、自分でも知らない魅力があるかもしれない。私たちは、うまくそれを引き出してあげなきゃダメなんですよね。

Aさんとうまくゴールできたら、
Bさんを説得するきっかけをつかめます。

さぁ、頑張れ。頑張れ。

人気blogランキングへ

応援ポチッとお願いします
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/06/14 21:45 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...