FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

実験室で見つけたもの。 はてなブックマーク - 実験室で見つけたもの。

実験室の中にはいろんなものがありますが、
今日見つけたのはこんなもの。

研究所の片隅の部屋に、ロボットがいます。
といっても、ドラえもんのようなネコ型ロボットではなく、
無粋な四角四面の測定機械です。
ヒトと似てるといえば、アーム(腕)があるくらいでしょうか。

このロボット、
一日に数千個の化合物の測定をすることができます。
朝も夜も関係なく、ずっと働いてくれます。
どのプロジェクトも、一度はお世話になってるんじゃないかな。
研究所で一番の働き者、だと思います。

ちょっと道具を借りに、ロボットがいる部屋にいったんですが、
チラッとロボットを見ると、
何か赤い物がロボットからぶら下がっています。

なんだろう、と近寄ってみると、お守りでした。
研究所の中でお守りを見つけるとは思いませんでした。
なんか、機械だらけの部屋にぽつんとあるお守り、
ちょっと怖いです(笑)

お守りは、吸盤でロボットにくっつけてあります。
御守としか書いてないので、
どういう祈願をしたのかがよくわかりません。

このロボット、すごく高価(数千万)だから、
ぶっ壊れないようにっていうお願いでしょうか?
壊れてほしくない機械に限ってよく壊れる、、
てのはマーフィーの法則だったかな?
ロボットは一台しかないので、
こいつが壊れたら研究所は大騒ぎです。

それとも、いい化合物を見つけてくれというお願いでしょうか。
どのプロジェクトでもそうですが、
このロボットで数十万個の化合物を調べて、
効き目がある化合物が見つからないときは、
そのプロジェクトは終わります。

いまのところ、機械が壊れたとは聞かないし、
効き目がある化合物は、何とか見つかってるみたいなので、
お守りの効果は、まぁまぁあるようです。

やっぱり、神頼みってのは、どこの世界でもあるんですね。
もしかしたら、うちの研究所のどっかに祠でもあったりして。
皆さんの職場はどうですか?

人気blogランキングへ

応援ポチッとお願いします

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/06/08 20:04 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...