FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

実験は筋肉痛と共に。 はてなブックマーク - 実験は筋肉痛と共に。

筋肉痛がひどいです。腕と肩。
実験の細かい操作するときに手が震えます。
こういうときに限って、1Lの試薬6本届いたりとか、
10Lの水が入ったタンクとかを運んだりとか
たくさんの廃液が入ったタンクを運んだりとか
筋肉使う仕事が多いんですよね。
台車もないし。
腰も痛くなってきたりして、大変です。

実は、昨日の朝は、畑仕事をしてました。
町内会で、20坪くらいの芋畑を作ってるんですが、
草刈りと、鍬入れと、土の入れ替えと。
町内会の役員なので、早起きして行ってきました。

エンジン付きの草刈り器とか、鍬とか
とにかくはじめてのことばかり。
特に鍬入れが疲れました。
ひたすら打ち込み、かき出しの繰り返し。
肩や腕が痛くてたまりません。
お茶飲みながら汗を流す。
畑作りってのがこんなに大変だとは、知りませんでした。

去年までは、芋の苗植えと芋掘り楽しむだけだったんですが、
楽しいことの裏側には大変な苦労があるんだなぁ、と実感。
去年まで手入れしてきた方々、頭が下がります。

しかし、この集まりの悪さは何、、
20人来る予定が、10人しか来ていない。
まあ、お休みの午前中、都合があるのはわかりますが、
それだけが、ちょっと残念、、でした。

というわけで、明日はもっと筋肉痛がひどくなりそうです。
といっても、明日はネズミさんの観察なので、
筋肉は使わないんですけどね。よかった。

人気blogランキングへ

応援ポチッとお願いします

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/05/21 22:06 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...