FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

たくさんの化合物をどう呼ぶか。 はてなブックマーク - たくさんの化合物をどう呼ぶか。

製薬会社では、毎日多くの化合物が合成されます。
週に何回かは、私のところにも、
有機合成のプロが作った化合物がやってきます。

さて、そのたくさんの化合物をどう呼ぶか。
さすがに一つ一つに丁寧に名前をつける訳にはいけません。
数十万も数百万も、思い浮かびませんよね。

というわけで、普通は化合物に番号をつけて管理します。
番号の付け方は会社により様々です。
大抵の場合、アルファベット+数字って形式みたいですね。

そして、いよいよ臨床試験、って時になると、
また改めて番号(開発コード)を付けたりします。

会社ごとのアルファベットは、こんな感じ。

武田薬品工業 TCV, AD, TAK
三共 CS
アステラス製薬 YM(旧山之内製薬),FK(旧藤沢製薬)
第一製薬 DU, DF, DX, DL, DZ
エーザイ E
大日本住友 AC(旧大日本製薬), SM, SMP (旧住友製薬)
小野薬品 ONO
大塚製薬 OPC
大正製薬 TS
キッセイ薬品 KAD, KMD, KUR
アストラゼネカ AZD
などなど。

傍目には無味乾燥ですが、
見る人が見るとかっこいいんですよね、これが。
いい薬ほど、番号もなんかかっこいい(気がする)。
特に自分が関わってる薬なんかは、特別光って見えます。
それに、めったにないことなんですが、
運良くキリ番だったりするとうれしかったりもします。

さて、来週くるのは、何番の化合物だろう。

人気blogランキングへ

応援ポチッとお願いします


お薬の名前のサイトです。
http://drugname.onmitsu.jp/
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/04/21 23:01 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...