FC2ブログ

薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

鼻水止めの効果の測定法 はてなブックマーク - 鼻水止めの効果の測定法

お見舞いコメントいただいた皆様、
まとめレスで申し訳ありませんが、
ありがとうございました。復活です。

喉と鼻と頭といっぺんに来たのでキツかったです。
(タイトルの誤変換は自分でもわらってしまった、、)
風邪にパ○ロ○、の抗ヒスタミン成分のおかげで立ち直りました。いつものことですが、他社さんの薬ですが、良く効きますね(笑)。

こういうときに限って、実験が混むんですが、
なんとかこなしてきました。

さて、今回は鼻水がキツかったんですが、
鼻水止めの効果の評価方法が気になったので調べました。

アレルギー鼻炎モデルでの実験法。

1)動物はモルモットを使います。

2)モルモットの鼻の穴に、抗原を含む生理食塩水
(抗原:アレルギーの元になるもの、例えば花粉症なら花粉みたいなもの)を注入(点鼻)します。

3)10分ごとに、モルモットの鼻の穴に綿球を入れ、鼻水を吸わせます。

4)綿球の重さを量り、重くなった分を鼻水の分泌量とします。

きわめて原始的ですが、これできちんとデータが出るんですね。

アレルギー鼻炎モデルでは、くしゃみの回数とかも測ります。
モルモットのくしゃみ、、見てみたいです。

人気blogランキングへ

応援ポチッとお願いします


おまけ;私のサイト
http://3.csx.jp/kenta_k/


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2007/03/26 21:35 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...