薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

見分けがつかなくて困ります。 はてなブックマーク - 見分けがつかなくて困ります。

「見た目がすごく似てて、取り違えの可能性が高いもの」ってのは世の中たくさんあります。私が最近体験したのはこんな感じ。

 

お風呂入っていて、シャンプーが無くなったので、目の前に合った詰め替え容器の中身をシャンプー容器に入れ替えました。で、その中身を頭につけてゴシゴシ頭を洗ったんですが、、泡が出ない。

 

そう、シャンプーとコンディショナーを入れ間違えました。私の家のお風呂には、シャンプーとリンスの詰め替え容器を常備しています。この詰め替え容器の外見があまりによく似ていたので、コンディショナーをシャンプーの容器に入れてしまったのです。気がついた時には全量移し替えてしまったあと。。コンディショナーの容器にもう一度入れ替えるのは面倒、ということで、現在はシャンプー容器に「コンディショナー」とマジックで書いてそのまま使ってます(シャンプー容器用に、新品のシャンプーをもうひとつ買いました)。

 

どれくらい似ているかというと、こんな感じ。遠目では区別がほとんどつきません。

 

 

某メーカーの詰替え用シャンプーとコンディショナー。

 

よく見ると、右上のところに「シャンプー」「コンディショナー」と小さく小さく書いてあります。

パンテーンプロブイ エクストラダメージケア シャンプー 詰替 350mL   パンテーンプロブイ エクストラダメージケア コンディショナー 詰替 350g

シャンプーは白抜きなし、コンディショナーの方は白抜きと、微妙に変えてあります。しかし、なにせその面積が小さいので、パッと見ただけでは気が付きません。一度間違えると、その違いがはっきりわかるのですけどね。。痛い目に遭わないと気が付かないというのは困ります。

 

同じメーカーの同じブランドの品物なので、統一感を持たせたいというのはわかります。ただ、そこに「ユーザーとしての視点」が抜けてると、こういう困った状況になります。「自分が使う立場だったらどうだろう」と考えてみたらわかるような気はするのですが。差異をつけるデザインでも、センスが良い物は十分作れると思うのですが、どうなんでしょう。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2013/04/11 22:17 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...