薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1ヶ月発音練習をして得られたこと。 はてなブックマーク - 1ヶ月発音練習をして得られたこと。

この1ヶ月、英語の発音の練習をしています。今日は「発音練習して得られたこと」について、つらつら書いてみます。

 

約1ヶ月練習(1日30-60分)してみると、いろいろなところが変わって来ました。オンライン英会話のチューターには、発音について大分良くなったといわれました。加えて、自分でも、会話するときに口が今までよりもはるかにスムーズに動かせるようになったな、と実感しています。自然と英語が口に出る(発音練習として)ようなこともありますね。

 

この1ヶ月で、自分に起こった具体的な変化は、こんな感じ。

 

1.各発音記号の発音の口や舌の形がイメージできるようになった。

これは、実際に発音できるかどうかとは別ですが(笑)、少なくとも意識できるようにはなりました。あと、リスニングとスピーキングの時に、「これはどの発音パターンかな?」と意識できるようになりました。

 

2.英単語のアクセント部位を意識するようになった。

発音練習には「単語耳」を教則本として使用しています(詳細は後述)。「単語耳」では「アクセント部位の発音が大事」がモットーとしています。そのため、わかんない単語が出てきたら、まずアクセントを調べる(=発音記号も見る)癖がつきました。アクセントが違うと英語は通じない、っていうことの意味も納得出来ました。

 

3.日本語話すときも舌の動きが気になる

カタカナ英語を話すときに、舌が自然に英語的な位置に行くので、なんか変な感じです。普段の日本語は、舌をあまり使わないのだな、というイメージ。

 

4.発音がきれいになると、英文の音読がすごく楽になる

英文がスムーズに音読できないのは、発音の時の舌の位置が正しくないからだというのがよくわかりました。舌の意識を意識して発音すると、音読がすごく楽になります。舌の位置が正しいので、単語から単語への移り変わりがスムーズに行えます。

音読がスムーズにできると、英会話の表現集にある例文の音読がやりやすくなって、練習の効率が上がります。リスニングの練習でよく取り上げられるシャドーイング(耳から入った言葉を口にすぐ出す)について、今まで口が回らなくて手を出してなかったんですが、この1ヶ月の発音練習で、やれるような気がしてきました。

 

楽器とかスポーツとかの練習と一緒で、やればやるだけ腕があがる、というのを実感できるのは楽しいです。すべてが正しい発音ではない(まだまだ練習が必要)のですが、ただしい舌や唇の使い方をすれば、スラスラ読めるというのは、気持ち良いものです。あと、よく知らない単語も、発音記号をみれば発音が想像できる(確認は、オンライン辞書の音声ファイルで)というのも面白いですね。

 

さて、教則本にしているのは、この本。Lv1-Lv4までありますが、その中のLv1です。

 

以下「単語耳の気に入ったところ」について書いてみます。

(単語耳には「発音を100回繰り返し完璧に身に付ける」とありますが、そこまではこだわっていません。自分で正しい舌の位置がわかる+英語ライクに発音できる、ということを目標にしました。繰り返しは、数十回くらいですね)

  

1.発音記号の発音法の仕方がわかりやすく書いてある。

本格的な発音練習は初めてだったのですが、発音法については非常にわかりやすく書かれています。後述しますが、子音・母音の組み合わせについての発音法が書かれているのがすごく役立ちます。

 

2.発音練習できる単語がたくさんある

英語学習の基本となる1000単語が選ばれています。普通の教則本だと、これだけたくさんの数は取り扱われてないんじゃないかと思います。単語耳には、L1-L4まで4段階あるのですが、L1をしっかりやれば、基本的な単語の発音は相当上達すると思います。あと、これを応用すれば、載っていない単語についても発音できると思います(Lv1-4まで全部やると8000語だそうです)。

 

3.単一の発音記号についての練習ではなく、アクセント部位の発音を意識した練習ができる。

この部分が一番気に入りました。英単語の発音の中で、一番大事なのはアクセント部位の発音、という考え方に従い、アクセント部位の発音パターン(母音・子音の組み合わせ)によって1000単語がグループ分けされています。各発音パターンの単語がまとめて練習できる仕組みになっています。

1000単語の発音といっても、実質覚えるのは数十個の発音パターン。

これらのパターンを覚えると

発音できない単語の発音記号を見る→アクセント部位をみる→その部位の発音記号(発音パターンを見る)→発音パターンを意識して発音して見る。

という流れで、(完全に正確とは言わないまでも)それなりにきれいな発音を得ることができます。

 

発音練習を少し始めただけで、英語の世界がガラリと変わって見えました。口が回るというだけで、いろいろやれることが広がるというのは面白いものです。体を動かさないと技が身につかない、というのは、スポーツの世界だけでは無いようです。もちろん、発音だけやってたらいいわけではないのですが、英語習得の効率化のためには、発音練習って結構役に立つのだなと思います。

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2013/01/13 22:29 ] 英語の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...