薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山中伸弥教授、2012年ノーベル医学生理学賞受賞! はてなブックマーク - 山中伸弥教授、2012年ノーベル医学生理学賞受賞!

ついに、山中伸弥京都大学教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されました。イギリスケンブリッジ大学のジョン・ガードン博士との共同受賞で、受賞内容は、「成熟細胞が初期化し多能性をもつことの発見」です。いや、ほんとうに嬉しいことです。近い将来、必ずもらえるとは思っていましたが、思ったよりも早い受賞は、この業績の重要性を物語っているのだと思います。

 

今回の受賞内容を簡単に説明するとこんな感じです。

 

動物の細胞は、受精卵から分裂を重ねて成長するうちに、様々な臓器(例えば、脳、心臓、腸など)の細胞へと変化(分化)していきます。ガードン博士と山中教授は、ある操作をすれば、これら分化した細胞を、変化する前の状態にリセットできる(これを初期化またはリプログラミングといいます)、そして、リセットした細胞は、再び異なる細胞に分化させることができる(これを多能性を持つといいます)ことを実験で示しました。iPS細胞は、まさにこのような性質を持つ細胞です(ガードン博士は、カエルの細胞の核移植で、同様の結果を示しました)。これらの結果が出るまでは、このような細胞の初期化ができるとは考えられていませんでした。山中教授とガードン博士の結果は、生物学における常識を覆したということになります。ノーベル賞の受賞理由としては、文句のつけようがありません。

 

今回の受賞は、iPS細胞自体に対する評価(医療用途につながる素晴らしいものを創りだした)という功績というよりは、「iPS細胞という概念を考え付き、それを実際に作り出すことで生物学を劇的に変化させた」ところが評価されたのだと思います。iPS細胞といえば、再生医療や創薬への応用など、医療分野に大きな貢献をする可能性が指摘されています。しかし、iPS細胞の医療への応用には、まだまだ検討しなくてはいけないことが多く、未だ臨床応用のための研究過程です。つまり、「iPS細胞の研究」自体は、まだまだ未成熟な分野です。これからも地道な研究によって、iPS細胞のもつ可能性については、一歩一歩突き詰めていかなくてはいけません。そういう意味では、今回の受賞はiPS細胞開発における一里塚に過ぎないのかもしれません。

 

もし、iPS細胞が実際の患者さんに使用されて、それまで治療法がなかった様々な病気が治療できるようになった時には、また別の形で、山中先生の貢献は評価されるべきだと思います(それは、基礎科学をベースとするノーベル賞とは異なる形になるでしょうが)。それには、まだまだ長い時間がかかると思われますが、その時を楽しみにしたいと思っています。


iPS細胞の利用についての過去記事はこちら。

iPS細胞は実用化されている、という話。薬作り職人のブログ

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/10/09 06:56 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...