薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

効果が出ないリスクは、怖い。 はてなブックマーク - 効果が出ないリスクは、怖い。

薬作りの世界にはいろいろなリスクがあります。

 

中でも、薬作りの成否に関わるリスクは、「副作用のリスク」と「効果が出ないリスク」です。これらのリスクは、事前に予想できないことも多く、避けることはなかなか出来ません。そのため、「リスクが実現したらどうするか」という考え方をすることになります。

 

副作用のリスクの場合は、薬の効果が伴っていれば、「薬の効果と副作用を天秤にかける」という方法で、開発を続けることもできます(もちろん、それだけの比較をするに値する優れた効果がでなくてはいけませんし、副作用が出来るだけでない使い方、もしくは副作用に対応できる状況は、工夫して見つけていかなくてはいけません)。

 

逆に、「効果が出ない」ときはどうしようもありません。「効果が出ない薬」は、薬じゃない得体のしれない物質です。臨床試験で「効果が出ない」とわかったものを、患者さんにそのまま飲んでもらうわけには行きません。余程のことがない限り、速やかに開発は止まります。

 

だから、副作用のリスクよりも、効果が出ないリスク、のほうが怖かったりします。副作用が出た場合は、とりあえず「副作用」という情報があるからこそ作戦を立てることができ、対応のし甲斐がある。一方、効果が出ないときは、何も情報がないので手も足も出ない事が多い、という感じですね。

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/07/30 22:59 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...