薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新しい部署での2ヶ月 はてなブックマーク - 新しい部署での2ヶ月

忙しかった5月が終わって6月。あっという間に目の前を過ぎて行きました。ネクタイもキツイくらいの暑さ、空気から夏の雰囲気を感じます。

 

ネズミさん相手の仕事から、ヒト相手の仕事へのチェンジ、というのには、もう少し時間がかかりそうな感じ。新しい部署での2ヶ月は、なかなか仕事の段取りがつかめず、いろいろ試行錯誤しているところであります。周りの人の仕事の進め方と比べると、スローモーというか、効率が悪いというか。いろいろ聞きながら、色々なコツを身に着けつつあるところです。

 

研究者時代もいろんな人とのやり取りはしてました。ただ、その時は、あくまで自分の主張を言いたいだけ言う立場。自分でとったデータをもとに、強気で押せ押せの立場を取るなんてことが多かったです。いろいろな課題を出されることも多かったのですが、とりあえずは目の前の問題をいかにクリアするかというのが精一杯だったような気もします。

 

今や立場は逆で、その押せ押せの意見を受ける立場。で、いろんな部署から押せ押せの意見を聞きつつ、うまいこと落とし所をみつけていくお仕事です。いろんな情報の分類、整理、必要によっては戦略の組み立てなおし。プロジェクトに行き詰まりが見えたら、打開策を出すための提案なんかもしなくちゃいけない。目の前にリスクがなくても、起こりうるリスクをできるだけ早く察知して、手を打つための方策を先回りして考えなきゃいけない。

 

、、なんて書いてますが、まだまだそんなレベルには達していないのが現状ではあります。とにかく今は、手元にあるお仕事をそういうレベルに引き上げていくということに集中しています。不慣れな点で、怒られたり文句言われたりしてますが、そういう経験はどんどんしていかないとダメなんだろな、と思います。怒られること自体には鈍感に、でもそこから何かを得るための感覚は鋭敏に、のモットーでやっていきます。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/06/01 21:51 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...