薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時間旅行のゴールー2012年5月21日 金環食 はてなブックマーク - 時間旅行のゴールー2012年5月21日 金環食

今日は、待ちに待った金環食の日。

 

私が住む街は気持ちのよい晴天に恵まれました。子供たちも朝6時に起きてきて、家族全員で庭から日食を観測しました。そして、7時29分、家族全員で楽しくにぎやかに「太陽の指輪」を眺めることができました。

 

日食グラスとデジカメを組み合わせて撮った写真はこんな感じ。本当に、美しいリングですね。

 

20120521

 

我が家では、この日をずーっとずーっと楽しみに待ってました。

 

ドリームズ・カム・トゥルーの曲「時間旅行」に登場する、このシーン。

 

Huw…シャツの背中 風が抜けてはふくらんだ

くすぐったそうに振り向いた あなたを観てたら

すごくいいこと思いついた 聞いてね

指輪をくれる? ひとつだけ 2012年の

金環食まで待ってるから とびきりのやつを

忘れないでね

そうよ太陽の指輪(リング)

 

私も嫁さんも、「2012年の太陽の指輪」を、ずっと、ずーっと、待っていたのです。

「いつか必ずやってくる、2012年の金環食。その時には、一緒に太陽のリングをみようね」

こんな約束、好きな人がいたら絶対実現したいじゃないですか。

 

今の嫁さんと付き合い始めたころ(もう15年以上も前の事になるでしょうか)には、ドリカムのコンサートによく行ってました。ドライブのBGMも、いつもドリカム。この「時間旅行」も、もちろん大好きで、何度も何度も聞いてました。こんな約束が実現できたら、どんなに素敵なことか。

 

とはいえ、その時は「2012年」ってのは「21世紀の遠いお話」。「その日がやってきた時、自分たちはどうなってるのか」、なんて予想はできませんでした。あの当時の私たちは25歳くらい。40歳を超えた自分たちの姿は、全く思いもよりません。果たして、結婚してるのか、子どもは授かってるのか、仲良くしてるのか。若い自分たちの頭の中では、そんなことは、ぼんやりとした霧の向こう、と言う感じ。

 

その後、無事嫁さんと結婚し、2人の子どもを授かることができました。

 

時は流れ、それぞれが、仕事に家庭にがむしゃらだった30代。若いころ全然イメージできなかった「夫婦」や「家族」というものが、ようやく実感できてきたのは5年くらい前でしょうか。そんなころ、改めて「時間旅行」の歌詞を思い浮かべるようになりました。

 

2007年の「薬作り職人のブログ」では、こんな記事を書いてます。

 

2012年5月21日におこること。薬作り職人のブログ

 

この曲聞いてた時は、
遠い先のはなしだと思ってたのですが、
あと5年。あっという間にくるんだろうな。

息子は中学生。娘は小学生。
嫁さんは、仕事してるかな?
私は、、まだ研究やってる?

2012年5月21日、楽しみです。

 

この5年間で、息子は料理上手なギター少年、娘は元気いっぱいのピアノ少女になりました。私は、研究現場から離れ、嫁さんはちょっぴり丸くなりました(もちろん「中身」がです)。

 

本当に時間が経つのは早いものです。将来が全然イメージできなかった恋人同士が、結婚し、にぎやかな4人家族へと育っていく。そんな過程は、まさに「時間旅行」そのものです。

 

そして、ようやくやってきた今日。私達の時間旅行の「とりあえずのゴール」です。金環食になってる1分30秒の間に、デジカメで太陽のリングをパチリ。「太陽の指輪」をプレゼント。若い二人の時みたいなトキメキはなかったかもしれないけど、ここまで来たなぁという満足感と幸福感がいっぱいの1分30秒でした。

 

これからは、新たな時間旅行が始まります。「2012年の金環食」みたいな明確なゴールはないけれど、いつか訪れるであろう何かの節目に向けて、家族全員で楽しく毎日過ごしていきたいと思います。

 

 時間旅行が収録されてるアルバム。1990年発売なんですね。みんな若い。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/05/21 21:32 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...