薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サラジェンの名前の由来ー唾液を出すための薬ー はてなブックマーク - サラジェンの名前の由来ー唾液を出すための薬ー

唾液は、一日に1~1.5リットル分泌され、様々な働きをしています。唾液に含まれるアミラーゼは食物中のデンプンを麦芽糖へと分解し消化の手助けをします。また、唾液は食物と混ざり合う事で、食物を飲み込みやすくします。唾液が分泌されることで、口の中の湿り気が保たれ、口の中の粘膜が保護されます。唾液は、口の中の汚れを洗い流すことで、口の中の清潔度を保つ働きもしています。

 

このように多様な働きをする唾液が出なくなると、生活に大きな支障をきたします。たとえば、頭部のガンに対する放射線治療では、唾液腺の細胞に障害が起こり、唾液が出にくくなります。また、シェーグレン症候群という病気においては、免疫機能の異常により、唾液腺の細胞が障害を受けて唾液が出にくくなります。水分補給で口を湿らせる程度で済む状況であれば良いのですが、唾液腺(口の中にある唾液を出す器官)の機能が異常に低下する状況では薬が必要となることがあります。

 

そのようなときに使われる薬がサラジェン(キッセイ薬品工業、主成分ピロカルピン塩酸塩)です。

 

サラジェンの名前の由来

唾液(Saliva)をうむ(Generation)薬剤の意味

(キッセイ薬品工業、インタビューフォームから)

 

SALAGENサラジェンの主成分、ピロカルピン塩酸塩

 

サラジェンは、ムスカリン受容体アゴニストというタイプの薬です。ムスカリン受容体は、神経から放出されるアセチルコリンという物質と結合すると活性化されます。活性化したムスカリン受容体は、ムスカリン受容体が存在する細胞に様々な作用を引き起こします。唾液腺にはムスカリン受容体が存在し、ムスカリン受容体が活性化されると唾液が分泌されます。

サラジェンは、アセチルコリンと同様、ムスカリン受容体を活性化させる作用を持っています。本来はアセチルコリンを内服すれば良いように思えるのですが、アセチルコリンは体内ですぐ分解してしまうので、内服には適しません。サラジェンには内服によって体内に吸収され、作用を示すことができます。

 

サラジェンの主成分であるピロカルピンは、ブラジル原産のミカン科の植物ヤボランジ(Pilocarpus jaborandi)から発見された物質です。日本では、1960年代から、目の病気である緑内障の治療用に点眼剤として使用されていました。ピロカルピンの緑内障に対する治療効果も、ムスカリン受容体の活性化を介したものです。

 

唾液の分泌にムスカリン受容体が関与することは古くから知られていました(ムスカリン受容体の働きを抑制する薬は口の渇きが出たりします)。しかし、それを唾液を分泌させる薬として使うというアイデアが実現されたのは、1990年代になってからのことです。薬としての素材はすぐそこにあったのですが、実際に患者さんに使用されるようになるにはだいぶ時間がかかりました。

 

サラジェンが生まれたのは、技術の進歩によるものではありません。「口の渇き」という、傍目にはそれほど大変そうに見えない(実は結構しんどい症状です)症状に対する薬を作らないといけない、という目的意識が生まれたことが一番の要因だと思います。命にかかわるような重大な病気以外にも、患者さんにとって必要とされる薬を作らなくてはいけない、ということに気づいて、初めてサラジェンのような薬が生まれるのです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/05/08 22:50 ] 薬の名前の由来 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...