薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実験生活の記録として、今日一日のログを残してみた。 はてなブックマーク - 実験生活の記録として、今日一日のログを残してみた。

実験生活の記録として、今日一日のログを残してみました。

8:10 出社。メールチェック。そのまま、動物舎へ。
8:15 動物舎の独特の匂いを味わいつつ、ネズミさんを実験室に運び出す。大きな台車に沢山のケージ。台車を運んだりケージを動かすのが、けっこうしんどい歳になった。
8:20 ネズミさん専用の体重計で体重測定。体重は自動でプリントアウトされるので、入れ替わり立ち替わりネズミさんを体重計に載せていくだけ。
8:35 測定し終わったネズミさんを測定室(防音仕様の小部屋)に運びこむ。環境に慣らすためにしばらく部屋の中で放置しておく(馴化という)。その間に、ネズミさんに飲ませる薬液を作るので、動物者から一時退出。
8:40 試薬室に行って、ネズミさんに飲ませる薬物を精密天秤で量りとり、量りとった量をプリントアウト。その量から、薬液の量を電卓で計算する。そのまま、薬液を作るために実験室へ。
8:50 薬物をめのう乳鉢で擦り、媒体(溶媒)を加えて懸濁する。すんなり溶けてくれればらくなのだけれど、そんなことはあまりない。均一になるまで、スリスリスリスリ。その後、超音波をかけ(メガネ洗浄機みたいな器械)、て粒をつぶす。10分かかるので、その間に薬液投与の道具を準備。
9:05 薬液と投与用具を持って、測定室へ。この往復がめんどくさかったりするんだけど、動物舎には雑菌を持ち込めないので、普通の実験室と区域が違うのは仕方ない。
9:15 薬液投与開始。1分おきにネズミさんの胃にチューブを入れて薬液を注入。今回は、溶媒をいれて4種類の薬剤を飲ませる。一つの薬剤につき8匹なので、全部で32匹。
9:50 投与が終わり、測定器械を立ち上げる。
10:15 すべての動物に刺激用の薬剤を投与。これも1分おき。タイマーを見ながらの単調な作業。
10:50 投与が終わり、いったん居室へ戻る。ちょっと休憩、コーヒーを飲む。
11:15 1回目の測定開始(薬液投与2時間後)。これも1分おき。測定項目は2項目。投与と違って、1分ぎりぎりかかるので余裕はあんまりない。次から次へどんどん測って行く。
11:50 1回目の測定終了。ネズミさんのケージからおがくず(チップ)が散らばってるのでお掃除。終わった所で、お昼休み。
12:00-13:00 ご飯食べて、ネットのニュースをみて、お昼寝して、なんやかんやの昼休み。
13:00 すっきりしない頭のまま、測定室へ。
13:15 2回目の測定開始(薬液投与4時間後)。やることは午前中と一緒。単調な作業だけど、変に別のことを考えるとミスするので、無心。
13:50 2回目の測定終了。居室に戻て、1回目と2回目の測定のデータ整理。
14:15 別件の実験で、顕微鏡を見ながら担当者とディスカッション。顕微鏡下の組織切片で、ちょっと判断しにくいところがある。あれやこれやと議論。
14:45 異動先の部署に挨拶に行く。同じ研究所の建物内とはいえ、全く雰囲気が違う。いわゆる普通のサラリーマンの職場という感じ。そういう意味では、今の部署は大学の研究所的感覚だなぁ。
15:15 2回目の測定開始(薬液投与6時間後)。これが最後の測定。気を抜かないように測定を続ける。
15:50 測定終了。装置を片つけたあと、お掃除と洗い物をする。測定が終わったネズミさんは動物舎にもどす(別の人に別の測定をしてもらうため)。
16:10 居室にもどり、データの総まとめ。グラフを書くところまでやって終了。様子見の実験とはいえ、面白そうな結果がでてきた。ただ、此処から先の細かい実験は、後任の人にしてもらうことになる。来週以降、いろいろと打ち合わせやら引継ぎをすることに。
17:10 いつもよりだいぶ早いけど、夕方から用事があるので退社。

今日のスケジュールは凄くシンプルだったので書きやすかったです。沢山の実験を並行してすすめる日とかが普通なんですが、そんな日は、ログをつけようとたいへんなことになると思います(とはいえ、実験ノート見ればわかりますが)。

まぁ、こんな感じの生活を十数年続けてきたんだな、ということの記録として、残しておきます。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/03/14 00:09 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...