薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実験と数の力。 はてなブックマーク - 実験と数の力。

今日は、大勢でひとつの実験室に集まって、一緒にお仕事です。一人でやると長時間係る仕事でも、沢山集まって分担したらあっという間に終わる。というわけで、お互いの実験スケジュールを調整して、週に1回くらいは、このような機会を作ります。

会社での実験は、一つの実験をいくつかの作業に分解し、複数の研究員で分担する、と言うパターンがけっこうあります。というのは、会社での実験の場合、データを出す量と速度が要求されるからです。とくに「まとまったデータを一気にとって、あとの方針を決めたい」と言う場合には、同じ部署の研究員が集まって色々と相談し、大きなスケールの実験を立て続けにやることが多いです。大学でやってた実験と比べると、ケタ違いのスケールの実験を、これまでいくつも経験してきました。一人では絶対できない、まさに数の力が生かされる実験です。

できるだけ短期間に、しかもバリエーションのあるデータをとる。こういう分業化は、大学の研究室なんかではなかなかできないんだろうな、と思います。

みんなでわいわい作業をしながら、実験内容についても議論して、そんな中でアイデアが出る。そんな時、実験室の中は、ちょっとしたアイデア出しのミーティング。にぎやかな実験室は、データと共に新たなアイデアがでてくる場所、でもあります。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/03/08 22:42 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...