薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

毛を伸ばさなくする物質 FGF18 はてなブックマーク - 毛を伸ばさなくする物質 FGF18

「髪の毛を増やす方法」とか、逆に「毛深い部分の毛を減らす方法」に興味を持たれている方は多いと思います。これらの方法に応用できるかもしれない研究結果が、産業技術総合研究所から発表されました。

産業技術総合研究所プレスリリース
「発毛サイクルの「休止期」を維持する因子を発見」


動物の毛は、皮膚にある毛を作り出す器官「毛包」の働きによって作られます。この毛包は、常に毛を作り出しているわけではありません。毛包は「活動期」「退行期」「休止期」というサイクルに従って活動しています。毛が伸びるのは「活動期」。「退行期」には毛包の働きが弱まり、「休止期」には活動を停止します。

今回、産業技術総合研究所が発見したのは、生体内で「休止期」を引き起こすことに関与する分子です。休止期を引き起こすということは、発毛サイクルを止め、髪の毛が伸びるプロセスを止めるということになります。この分子はFGF18とよばれるタンパク質です。FGF18は繊維芽細胞増殖因子(fibroblast growth factor)と呼ばれるグループに属するタンパク質です。繊維芽細胞増殖因子は、皮膚や血管などの細胞増殖などに関与するとされています。FGF18が皮膚、それも毛包にあることはわかっていたのですが、FGF18が生体内で果たしている役割はこれまでわかっていませんでした。

産業技術総合研究所の研究者は、皮膚でFGF18が作れないマウス(皮膚特異的FGF18遺伝子ノックアウトマウス)を作り出しました。このノックアウトマウスの毛をそると、普通のマウスに比べて速やかに毛が伸びました。ノックアウトマウスの毛包の活動サイクルを調べてみると、「休止期」が非常に短くなっていることがわかりました。普通のマウスでは3週間から1ヶ月続く休止期が、ノックアウトマウスでは1週間しか続かなかったのです。この結果から、FGF18はマウスの発毛サイクルにおいて、休止期の維持に関与していると考えられました。

今回の発表内容から考えると、発毛を促すには、FGF18の活動を止める物質を与えてやって休止期を解除してやればよいことになります。もちろん、休止期を解除しても活動期に入れなければ毛は伸びないので、発毛に必要な毛包の機能が十分残っていることは必要です。また、普通伸びてほしい毛は「髪の毛」ですが、「マウスの体毛」と「ヒトの体毛」「ヒトの髪の毛」の発毛サイクルにどの程度共通性があるのかは、私には分かりません。体毛が濃くても髪の毛が少ない方はいますしね。

逆に、毛を生やしたくなければ、FGF18の量を増やす(もしくはそのものを与える)ことで、強制的に休止期にしてしまえば良いとも考えられます。こちらは、毛包の活動を抑えればよいだけなので、発毛させるよりは楽なのではないかと思います。ただ、生体内でのFGF18の働きがよくわかっていない分、FGF18を増やしたり外から加えることで、どのような副作用が起こるのかは予想できません。この使い方にしても、すぐ実用化というわけにもいかないかなと思います。

今回の研究は、まだまだとっかかりだと思うので、これからの進展に期待したいものです。

毛が生える、という現象は、見た目にインパクトがある現象です。私も以前、「免疫抑制剤として知られているFK506をマウスの皮膚に塗ると、塗った部分だけ毛の生え方が早い」という論文を見て、自分でも追試験をしてみたことがあります。この時の「わぁ、毛が生えた」という衝撃は、なんとも言えません。こういう発表内容を見ると、研究してるヒトは楽しいんだろうなぁ、と思います。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/02/02 21:46 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...