薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「薬の名前の由来」が役に立つわけ。 はてなブックマーク - 「薬の名前の由来」が役に立つわけ。

薬の商品名っていうのは、覚えにくいです。特に、お医者さんが処方する薬。普通の人だけでなく、薬を扱ってる人もそう思うことが多いです。カタカナの羅列である薬の名前は、単なるゴロの良さくらいで覚えられるものではありません。そんな中、名前を覚えるヒントの1つとして使えるのは「薬の名前の由来」です。

血圧の薬で「ブロプレス」っていう名前のものがあります。最初、私はこの名前が「プロブレス」だと思い込んでいました。この2つ、字面でパッと見ただけでは、どっちがどっちがわかんないですが、プとブの位置が違います。口に出せば違うのはすぐわかるんですが、私の場合(薬剤師というわけではないので)、薬の商品名を口にだす機会はあまりありません。

で、あるとき、ふと間違って覚えてる事に気がつきました(確か、誰かに指摘された)。普段から会話で使ってたりしたら発覚は早かったんでしょうが、文字でしか使わないと、指摘されない限り本当に気が付かないものです。

ただ、名前の由来をしってると、「プロブレス」じゃなくて「ブロプレス」だってことは素直に納得できます。

ブロプレスの名前の由来
ブロプレスは、血圧を下げる働きを持つことから、ブロ:ブロック(BLOCK)とプレス:血圧(BLOOD PRESSURE)を組み合わせて、ブロプレスと命名された



Block Pressureと覚えてしまったら、「ブロプレスが正しく、プロブレスでは意味が通らない」というのは一目瞭然ですね。

単に丸暗記するんじゃなく、何かと結びつけて覚えると、物事は覚えやすくなるもの。薬の適応症、薬の効果、薬が効くメカニズム、薬の特徴などが由来に込められていることは多いもの。薬の商品名の由来をしってると、薬のことが頭に入りやすくなることも多いと思います。とくに、薬学部の学生さんとかは、このあたりを意識すると良いのではないかと思います。

残念ながら、すべての薬について名前の由来が公開されてるわけではありません(というか、公開されていないほうが多い)。名前の由来が公開されている薬の一部については、私のサイトでその由来を紹介していますので、参考にしてみてください。ちなみに、これらの薬の商品名の由来は、それぞれの薬について製薬会社から公開されている「インタビューフォーム」に掲載されているものです。

お薬の名前の由来

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/01/28 23:28 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...