薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「今ある薬から、新しい薬を作る」ということ。 はてなブックマーク - 「今ある薬から、新しい薬を作る」ということ。

新薬を作り出す方法はいろいろとあります。その中でも、「現在、臨床で使われている薬について、これまでに知られていない効果を探しだす」という方法は、近年注目を浴びています。

先日発表されたニュースも、この方法の一例です。

くまにちコム
既存薬に月経困難症治療効果 熊本大が特許

 熊本大は16日、慶応大、ベンチャー企業「リンク・ジェノミクス」(東京)との共同研究で、既存の抗アレルギー薬に月経困難症の予防・治療効果があることを突き止め、特許を取得したと発表した。下腹痛や腰痛など、女性が悩まされる症状が改善され、卵巣機能に悪影響を与えないという。

 研究に携わったのは熊本大大学院生命科学研究部の片渕秀隆教授(産科婦人科学)と本田律生講師(同)ら。

 既存の薬は、抗アレルギー薬やぜんそく治療薬として長年使われている「トラニラスト」。慶応大先端医科学研究所の佐谷秀行教授(元熊本大教授)と同社が細胞レベルの研究で、月経困難症の原因の一つ「子宮内膜症」につながる細胞の変化を抑制する効果を確認していた。

 片渕教授らは2008年6月、佐谷教授らと臨床研究に着手。月経困難症の30~40歳代患者8人に6カ月間、トラニラストを投与したところ、6人に下腹部痛や腰痛の改善が見られたという。



月経困難症の痛みというのは、一言で言うと「生理痛」のこと。月経のときに、下腹部が痛みや腰痛が生じ、日常生活に不自由を感じる状態です。この記事によると、抗アレルギー薬として用いられているトラニラスト(商品名リザベン、キッセイ薬品工業)が、月経困難症の患者さんの痛みを改善したとのことです。

月経困難症は、2種類に分けられます。一つは、子宮の組織が異常を起こすことでおこる「器質性月経困難症」。もうひとつは、子宮の組織には異常がないのにおこる「機能性月経困難症」。今回、トラニラストを用いた臨床試験を行うきっかけとなったのは、
器質性月経困難症の原因の一つである「子宮内膜症」の発症をトラニラストが抑制する可能性が示されたことにありました。実際に、患者さんに投与したところ、少なくとも「月経時の痛み」という点に対しては有効性が示されたわけです。

このように患者さんを用いた試験がスムーズに行えたのは、トラニラストがすでにアレルギー治療薬として使用されていたからです。多くの患者さんに使われているということは、どのような副作用が起こるか、どのような場合に投与してはいけないか、などの情報が多くあるということを意味します。これは、薬の効果を調べる大前提として欠くことができない情報です。一方、全く新しい化合物の場合は、このような情報が全く無いので、ゼロからこのような情報をとらなくてはいけません。したがって、多くの動物実験が必要になりますし、臨床試験も時間をかけて診療にやらなくてはいけません。

新薬開発においては、その薬がヒトできちんと効果を示すということをできるだけ早く知ることが必要です。「現在、臨床で使われている薬について、これまでに知られていない効果を探しだす」という方法が注目を浴びているのは、「ヒトで効果があるかどうかを迅速に調べるための前提条件が整っている」からなのです。

いまのところ、トラニラストがどのようにして月経困難症の痛みに作用するのかはよくわかりません。もし、トラニラストのアレルギー治療薬としての作用メカニズム(アレルギーによる炎症関連物質の放出抑制)と、痛みを止めるメカニズムが異なるのであれば、痛みを止める部分だけを取り出すことで、より効力の高い新しい薬を作り出すことも可能です。

今後も、このようなアプローチはたくさん行われるのではないかと思います。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2012/01/17 22:39 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...