薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

体内の尿酸を見る方法。 はてなブックマーク - 体内の尿酸を見る方法。

痛風というのは、血液中に尿酸という物質が非常に多くなり、関節に尿酸の結晶が出来る病気です。この尿酸の結晶は関節に強い炎症を引き起こし、ものすごい痛みを引き起こします。この痛みは「骨折の痛みより痛い」なんて言われることもあるそうです。

痛風は、この痛みが出る前に、治療なり予防なりができるのが望ましいとされています。関節に結晶ができて炎症が起こってしまうと、この炎症を治療するのが結構大変だからです。

痛風の治療や予防をできるだけ早くするためには、「どのくらいの尿酸値で、どこの関節に尿酸の結晶ができ始めるのか」についての知ることが大事になります。現在は、血液中の尿酸値を測定して、尿酸値が高い場合に食事療法や薬物療法で尿酸を下げることを試みます。ただ、これはあくまで血液中の尿酸値をみているのであって、関節中で何が起こってるのかを知ることはできません。

「どのくらいの尿酸値でどこの関節に尿酸の結晶ができ始めるのか」の目安があれば、血液中の尿酸値からの病状予測が、これまでよりも正確にできるようになると考えられます。

このための方法論が、理化学研究所から発表されました。放射性同位体(11C)で尿酸に印をつけ、ネズミの体内のどこに尿酸がいるのかを画像でわかるようにしたのです。画像作成にはPET(陽電子放射断層画像撮影法)という技術を用いています。PET自体は、臨床での診断にすでに用いられており、身近な技術となっています。

理化学研究所からのプレスリリース
放射性同位体11Cで尿酸を標識することに成功
-ラット生体内の尿酸の動きを画像で定量的に評価-



たくさん尿酸を産生するラットでは、高濃度の尿酸が関節内で認められました(結晶ができるほどの濃度なのかどうかはわかりませんが)。ラットの場合、尿酸は尿酸の代謝酵素によってすぐ壊されてしまうので、なかなか評価は難しかったとのことです(関係者からのツイートから)。サルやヒトでは、尿酸がすぐ壊されることはないので(だから痛風が起こる)、ラットよりはこのような評価はしやすいのではないかと考えられます。

確かに、サルを用いた実験は、試料をたくさん使ったり費用がかかったりするので、最初から用いることはできないんですよね。色々工夫して、「条件が厳しいラットでさえできるのだから、より大きな動物でも確実にできる」という結果を引き出した、ということなのでしょう。頭が下がります。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/12/05 00:17 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...