薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アリセプトの後発品の値段。 はてなブックマーク - アリセプトの後発品の値段。

本日、アルツハイマー治療薬である「アリセプト」の後発品(後発品については、先日の記事「薬の値段と仕分け」を参照してください)が薬価基準に収載されました。薬価基準というのは、厚生労働省が定めた「保健医療に用いることができる医薬品の価格表」のこと。

厚生労働省;診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品(新規収載分)

どれだけの種類の後発品がでるかというと、30社から品目数にすると101品目。これらは、すべて「アリセプト」と全く同じ成分が含まれています。で、アリセプトには、複数の含有量の錠剤の他に、散剤やOD錠(口腔内崩壊錠:口の中の唾液で溶ける錠剤)など何種類かの錠剤がありますが、それぞれの商品について、後発品が存在します。要は、これから、アリセプトの後発品(コピー薬)が、いろんな会社から一斉に発売されるということです。

アリセプトと後発品の値段を比較してみます。

アリセプト錠3mgの薬価は1錠286.5円。一方、後発品である「ドネペジル塩酸塩錠 3mg」は1錠190.8円。後発品は、アリセプトの3分の2の値段となりました。後発品というのは、新薬としての開発費用はかかっていないため、価格を安く抑えることができます。

ただし、アリセプトの後発品は値段は安いですが、使える患者さんの範囲が限られます。アリセプトは、軽度から高度(症状が重い)までのアルツハイマー病患者さんに使用することができますが、後発品は軽度から中等度の患者さんまでしか使用することが出来ません。これは、高度アルツハイマー病患者さんに対する適応が、アリセプトが販売されたあとに追加されたからです。高度アルツハイマー病患者さんに対する使用については、アリセプトの特許が延長されるので、後発品が入り込むことは出来ません。これは、後発品会社が自前で臨床試験をしていないことを考えると、当然のことだと思います。

後発品が一斉に発売される、というのは、薬の業界では年中行事のようなものです。複数の後発品会社から全く同じ値段で全く同じ(という触れ込みの)薬が発売されるという状況、競争もせず単なるコピー商品を安価に作るだけの企業がこれだけ存在できるというのは、(過去のいろんな経緯もあるのでしょうが)なんだかフクザツな気分です。後発品の存在は、いまの医療制度では必要不可欠なものだとは思いますが、その供給体制については、何らかの形で競争原理のようなものが取り入れられるよう、一度整理したほうが良いのではないかと思ったりします。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/11/28 21:22 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...