薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

周期表とアイデアのタネ。 はてなブックマーク - 周期表とアイデアのタネ。

先週末、サイエンスアゴラ2011に行ってきました。そのとき化学同人(理工学系の雑誌と書籍を発行している出版社)さんの出展ブースで頂いたのが元素周期表のポスター。

IMG_0664.jpg


各元素ごとに、元素の性質、用途などについて簡潔でわかりやすい解説が書かれています。背景には、元素が用いられている製品の写真が添えられています。「この元素がこんな使われ方をしてるんだ」なんてことがわかる、見ているだけで楽しいポスターです。

こういうポスターがあると、子供たちが「この元素知ってる?」なんてクイズを出してきます。仕事柄使っている元素の名前は、そこそこは知っているので、「へーそんなの知ってるんだ」という家族の賞賛を浴びたりもします(もちろん、マイナーな名前はわかりませんが)。

で、逆にこちらからも子どもに聞いたりしてみます。小学2年生の娘には、元素記号のアルファベットを言って、周期表のどこにあるか見つけてもらったりします。その時は、元素名がカタカナだったらちゃんと読めるのですが、漢字で表記される時は予想しない読み方がでてきます。「漢字の読み」としては正しいので、凄いといえば凄いのですが、読み方のセンス?という点でも凄いです。

特にへーと思ったのは、
炭素 = すみそ
臭素 = くさそ
硫黄 = りゅうき

最初は笑えて、よく考えるとたしかにそう読めるよなぁ、と感心したりします。

当たり前のように読んでる元素の名前からでも、驚きってのは生まれるものなのだな、と思ったりします。知らないからこそ、こういう発想がでてくるんでしょうね。アイデアのタネ、ってのは、こういうところから生まれたりするのかも知れません(それを育てるのがまた難しいんですけど、タネのないとこからは芽は出ません)。





↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/11/23 22:16 ] 家族の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...