薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェネリック医薬品の名前のつけ方。 はてなブックマーク - ジェネリック医薬品の名前のつけ方。

今日は、病院に行って薬をもらってきました。

ちょっと皮膚のかゆみがひどかったので内服のかゆみ止めをもらいました。

薬の商品名は「アレルオフ」。
うーん、これは「アレルギーをオフにする」という意味だなぁと、見た瞬間にわかりました。この製品の主成分はエピナスチン。アレルギー反応によって起こる炎症の原因となるヒスタミンという物質の働きを止める作用を持ちます。

まさに、薬の効能をそのまま商品名にした、というかんじですね。

こういう直接的なネーミングは、昔のジェネリック医薬品によく見られます。ジェネリック医薬品というのは、「特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造或は供給する医薬品」(Wikipediaから)のこと。

ジェネリック医薬品は、開発費が非常に安く済むため、薬の値段は安くなります。画期的新薬の特許が切れると同時に、多くの種類のジェネリック医薬品が発売される光景は、よく見かけます。

このジェネリック医薬品の商品名は、昔は自由につけることができました。基本的に国内メーカーが製造することもあり、ダジャレ?を思わせる薬の名前が散見されます。患者さんやお医者さんに名前を覚えてもらおう、というインパクト狙いのネーミングかどうかはわからないですが。。

セキナリン (気管支喘息治療薬)「咳なし」より
ベンコール (下剤)薬効そのもの
ヨーデル (下剤)製薬会社はスイスのヨーデルらしいんですけどね、そのもの。でしょう。
グッドミン (睡眠薬)良好な睡眠から

しかし、ジェネリック医薬品については、現在このようなユニークなネーミングはできません。というのも、同一成分について多数の銘柄のジェネリック医薬品が存在すると、紛らわしい名称による薬剤の取り違えなどの問題が生じるため、ネーミングの仕方について一定の基準が出来たからです。

この基準は、厚生労働省の通達に基づいています(後発医薬品=ジェネリック医薬品です)。

「医療用後発医薬品の承認申請にあたっての販売名の命名に関する留意事項について」
http://www.rsihata.com/updateguidance/092205YSS0922001A.pdf

では、販売名のつけ方について「販売名の記載にあたっては、含有する有効成分に係る一般的名称に剤型、含量及び会社名(屋号等)を付すこと」と規定されています。

例えば、アクトス(主成分ピオグリタゾン)のジェネリック医薬品の場合だと
ピオグリタゾンOD錠15mg「トーワ」 (ODは口腔内崩壊錠)
ピオグリタゾンOD錠15mg「日医工」 
ピオグリタゾンOD錠15mg「サワイ」

等となります。

ジェネリック医薬品の場合、きちんとした成分名さえ特定できればよいので、このネーミング法自体はシンプルで良いと思います。ただ、薬剤の成分名は薬に馴染みがない人にとっては、ちょっと見た目が難しすぎるかなぁ、という気もします。

病院の窓口とかで、「現在、服用している薬は何ですか?」ときかれて「ピオグリタゾンです」という答がスラスラ出てくる光景はなかなか想像しにくいです(自分が患者の立場であっても)。

成分名の決め方については、WHO(世界保健機関)による別のガイドラインがあります。これはこれで、シタグリプチンとかビルダグリプチンとか、新しい薬になればなるほど読みにくくなってるような気がしています。これがジェネリック医薬品になった日には、どうなることやら。

こういう患者さん側から見たシチュエーションを想像すると、薬のネーミングというのは大事なんだよな、そして、とっても難しいもんだなと改めて思います。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/07/26 00:18 ] 薬の名前の由来 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...