薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言いたいことを書こうとするから、プレゼン資料はわかんなくなる。 はてなブックマーク - 言いたいことを書こうとするから、プレゼン資料はわかんなくなる。

企画立案系のプレゼンの資料をつくろうとすると、どうしてもだらだらと言いたいことを書いてしまうくせがあります。

言いたいことを分かりやすくかこうとするから、回りくどい表現になったり、字が多くなってしまったり。で、ごちゃごちゃになって、結局言いたいことが分からなくなるんですよね。。

プレゼンの資料ってのは、言いたいことを書くというよりは、言いたいことを理解してもらう手助けのようなものなのだ、と最近思うようになりました。

本来は、パワーポイントで作ったきれいなプレゼン資料がなくても、話だけで分かってもらえるはず。ただ、話だけではスッキリ頭に入らないので、補助的に資料を使うわけです。

資料に言いたいことが全て書いてあるなら、プレゼンで話す必要はありません。きちんとワープロで文書作ってゆっくり読んでもらうほうがよっぽど役に立ちます。

プレゼンの資料には、言いたいこと自体を書く必要はないのかも知れません。そのかわり、口で話す話の構成というか、構造というか、軸というか、、いわゆる骨組みと論理をつかむのに必要な言葉(キーワード)を、簡潔な図の形にして乗せるだけで十分なのだと思います。

私の場合、現状は、いろんな人にプレゼンを事前に見てもらい、わからん、わからん、という意見をいただきながら、強制的にシンプルにする形をとってます。ほんらいは、自分の頭でもっとシンプルにしたいんですけどね。

人の力を借りれるときは、そちらのほうが早くて確実です。

シンプルなプレゼン資料といったらこの人だなぁ。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/07/06 23:41 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...