薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

報告書をまずは英語で書いてみる、というやり方。 はてなブックマーク - 報告書をまずは英語で書いてみる、というやり方。

仕事で英文報告書を書く機会というのが増えました。

一般的に、英語で長い文章を書くときには「まずは日本語で文章を練りあげ、それから英訳」という手順を取ることが多くなります。この中で、時間がかかる行程は「出来上がった日本語文から英文への和文英訳」です。

「日本語さえうまく書けないのに、英語にするのはもっと大変、、」と最初は思うのですが、実は、これは逆なのではないか、と思います。

日本語で書いた文章を、さらにいろいろいじっていると、最初はシンプルだったはずの文章にいろいろな余計な物がくっついて来ることになります。

日本語によくある曖昧表現を使ったレトリックや、日本語が使えるからこそ「こういうこともいわなきゃ、あれもいわなきゃ」と必要以上に内容を詰め込んでしまう。。

ここで上げた「余計な物」は、英文を書くときには邪魔にしかなりません。無理くり英文化しても、何を言いたいのかが伝わりにくく、読んでてものすごく違和感を感じてしまうことになります。

このような事態を避けるためには、やっぱり「最初から英文を作る」というのが一番です(もちろん、文章の内容は日本語で考えればいいのですが、それを文字に起こすときには英語にする、という意味)。

日本文を作ってからその文章をいじるので、どうしてもごちゃごちゃになってしまう。その「いじる部分」をできるだけ少なくすることで、内容はシンプルになり、日本語ならではの表現というものも入らなくなる、というわけです。

「最初から英文を作る」というのは難しそうに見えますが、大抵の場合は雛形になる英文というのは見つかります。理系分野だと、学術論文(とくにgoogle scholarなどの全文検索)、実験キットの使用説明書(英語)やカタログ、Wikipediaなんかの説明文、などをみると、自然な英文のサンプルがごろごろしています。10年前に比べたら、こういう英文を手に入れるための環境はものすごくよくなりました。

日本語版の報告書も合わせて必要なときは、英文を書き上げたあとに、その文章に沿って適切な日本語に訳します。英文和訳のほうが和文英訳よりはるかに容易なのは、大抵の人に取って当てはまるのではないかと思います。

報告書に出てくるような英語の文章を書くことは、慣れてくるとそんなに大変ではありません(逆に、何を書いても良い日記のようなものはなかなかそうは行きません。。)。コツをつかめると意外と楽にできるものです。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/07/03 22:06 ] 英語の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...