薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紙は、尋ねても何も答えてくれない。 はてなブックマーク - 紙は、尋ねても何も答えてくれない。

今やってるお仕事は、ほとんどデスクワーク。

書類作成とミーティングでの意見集約・とりまとめ、方針設定などなど。実験で手を動かす機会が本当に減りました。

ただ、自分で実験をしない分、後輩の実験データや実験手技について、いろんなアドバイスをする機会は増えつつあります。

薬の評価には、本当に数多くの種類の実験があります。その中には、通り一遍の知識だけでは太刀打ち出来ないものも数多くあります。手先の器用さや手技の熟練が必要なもの、様々な分野の知識を総合しないと思わぬ落とし穴にハマるデータ解析、最小限のコストで最大限の情報を得るための実験計画のコツ。。

こういう事柄は、紙の上の知識で身につけるというよりは、実際に手を動かし、失敗を重ねて自分で手に入れるもの。とはいえ、折角経験豊かな人材(年寄りともいう)があちこちにたくさんいるのですから、これを使わない手はありません。紙は、尋ねても何も答えてくれませんが、経験豊かな人からは、尋ねたら尋ねただけ答を引き出すことができます。

「人に聞く立場から聞かれる方が多くなったのはいつからなのだろう」と思いながら、若手に自分の経験と知識を伝えていかないとなー、と思う今日この頃です。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/05/10 22:35 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...