薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インフルエンザに罹患→復活。 はてなブックマーク - インフルエンザに罹患→復活。

先週末、インフルエンザに罹患してしまいました。週末は、ずっと布団の中で療養&家族内隔離生活。体調は、ほぼもとに戻りましたが、体力はごっそり落ちてしまったようです。

会社で実験してるうちに、寒気と頭痛がひどくなり、実験試料のサンプリングが終わると同時に会社を出て、お医者さんへ直行。お医者さんへ向かう道すがら、関節が痛くなったり、だるくなったり、どんどん状況が悪くなります。

お医者さんで症状をいうと、即インフルエンザの迅速検査キットでの検査。15分後、「インフルエンザA型」と判定されました。

治療については、「飲み薬の「タミフル」と吸入薬の「イナビル」のどちらにしますか?」と聞かれたので、「イナビル」を選択しました。

イナビルは、先日発売されたばかりの吸入型の薬で、感染細胞の中で増殖したインフルエンザウイルスが細胞外に出てくるのを止めることで、インフルエンザの進行を押さえる薬です。薬剤が投与部位に長く持続するため、一度の服用で十分であるというのが最大の特徴です。

詳細は下のリンク
イナビルの名前の由来ー新規インフルエンザ治療薬イナビル発売ー

吸入薬自体生まれて初めての体験ですが、一度の服用でいいのでお医者さんの前で吸入法を教えてもらいながら服用するだけでOK。

息を吐いて、吸入容器から一気に吸い込んで、息を3秒間止める。吸い込むと、薬の粉(が混じった、ちょっと薬臭い空気)が、のどから気管に入っていくのが、なんとなくわかります。「吸入薬というのは、服用したことが自覚できるんだろうか」と思っていたのですが、イナビルの場合はそれなじに実感できるようです。

イナビルだけでは熱はすぐ下がらないので、解熱剤と漢方薬を処方され、診察は終了。

家に帰ると、リビングにはいかず、そのまま個室へ直行。息子の期末テストが控えているので、息子とはしばらく顔を合わせないようにするために「家庭内隔離」となりました。

熱は、次の日の夕方にはさがり、咳や頭の重さもその後ほとんど取れました。予想よりは早い回復ですね。ただ、ウイルス自体は、熱が下がっても1日は排出されるということで、念のため今日、いままで家庭内隔離は継続していました。

子どもたちの姿を見れないのは、すごくさみしいものですね。明日からは、正常生活に戻る予定。娘をだっこしたいなぁ、と思います。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/02/20 23:48 ] 病気の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...