薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「薬作り職人のブログ」で振り返るこの一年。 はてなブックマーク - 「薬作り職人のブログ」で振り返るこの一年。

「大晦日」になりました。2010年最後の日、ということで、「薬作り職人のブログ」にエントリーした記事から、アクセス数上位10本を紹介し、この一年を振り返りたいと思います。

第10位
「大学への数学」という雑誌。(2010/1/25) 813PV

数学好きな高校生が一度は目を通したであろう雑誌「大学への数学」の紹介記事です。今年の「自分トレンド」として、「数学の問題の解きまくり」というのがありました。ペンと紙と問題集だけでできる頭の活性化methodとして、この方法はお気に入りです。仕事とは全然関連ないというのが、気分転換にもなります。

第9位
iPS細胞は実用化されている、という話。(2010/2/25) 816PV

ヒトiPS細胞の実用化例を創薬の現場から紹介した記事。iPS細胞の応用例としては「再生医療」が常に注目を浴びていますが、再生医療での応用はまだクリアすべきハードル(安全性、薬効)が多く、時間がかかります。そんななか、新薬開発の現場では、ヒトiPS細胞が有用なツール(安全性評価、薬効評価、薬物代謝検討)として頭角を表しつつあります。来年は、再生医療の分野でも良いニュースが聞けるでしょうか。

第8位
イナビルの名前の由来ー新規インフルエンザ治療薬イナビル発売 (2010/10/19) 865PV

インフルエンザ治療薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)で、初の純国産の薬である「イナビル」発売を取り上げた記事。イナビルの作用メカニズム、薬剤の特徴、ネーミングの由来について取り上げています。イナビルは良いキャラクターを持つ薬であるとともに、国産の薬ということで「安定した供給が期待できる」というメリットがあります。まぁ、薬が足りなくなるほどインフルエンザが流行らないのが一番なのでしょうが。。

第7位
一を聞いて十教えてくれる人への対応法。(2010/9/1) 934PV

要点を得ない、余計な情報を含んだ一方的な情報の提供というのは、コミュニケーションの手段としてあまり賢いものではありません。話の内容を吸収しきれなかったり、要点が薄らいで大事なことがつかめなかったり。そんな時の対応法を書いてみました。一月から部署替えで、仕事の内容が「実験中心」から「戦略策定」という方向に変わってきました。物事・仕事の考え方も、大局を見据えた方向へと徐々に変わりつつあり、更にインプット・アウトプットを意識するようになりました。コミュニケーション能力は本当に大切と実感の一年。

第6位
「ホンマでっか」と科学。(2010/10/25) 1056PV

「ホンマでっか」というのは、今年の秋ゴールデン進出したテレビ番組。「世の中で国民が話題にしている物や噂のエピソードでホンマでっかなことを発信する」というコンセプト。「ホンマでっか?」と思わせる内容が放送されるんだから、それを見て判断する方も「ホンマでっか?」という視点をきちんと持つべき(ただ、それは意外に大変な作業なのだけど)という話でした。現在の状況では、情報発信自体を規制することは非常に難しい物があります。それだけに、受け手側の判断能力が重要になる、というのは、ホメオパシー療法などをめぐる一連の騒動をみても明らかだと思います。

第5位
NHKスペシャル「夢の新薬が作れない~生物資源をめぐる闘い~」。(2010/10/12) 1086PV

この日放送されたNHKスペシャル「夢の新薬が作れない~生物資源をめぐる闘い~」の紹介と解説。今年は、名古屋で「国連地球生きもの会議」が開催されましたが、そこで大きな議論を巻き起こしたのが生物資源をめぐる問題。新薬開発の原動力ともなる薬草・微生物などの生物資源、そこから得られる利益は原産国にどこまで還元されるべきか、資源管理に買い手側の先進国はどこまで関与すべきか。これらの課題に一定の指針を与える「名古屋議定書」はなんとか採択されましたが、実際に行動をおこすのはまだまだこれからです。

第4位
創薬研究者が書いた本「医薬品クライシス~78兆円市場の激震」(2010/1/17) 1435PV

今年、個人的にはいちおしだった本の書評。製薬業界を取り巻く「2010年問題」について、創薬研究経験者の佐藤健太郎氏が非常に分かりやすく解説された本です(科学ジャーナリスト賞2010を受賞)。この書評は、佐藤氏の公式サイトでも取り上げていただきました。佐藤氏とは、今年の春にお目にかかりました。非常に話しやすい方で、東大のドトールでお茶しながら、「一般の方々に薬作りについてどう伝えるか」という話で盛り上がったことは良い思い出です。来年も本の執筆を目標とされています。どのような本が出来上がってくるのか、楽しみです。

第3位
中学理科がわからない、、私もです。(2010/12/5) 2071PV

蓮舫大臣がツイッターでつぶやいた「ようやく一段落。娘が理科2がわからない!!と泣いている。もちろん、私にもわからないので聞こえないフリ」という言葉にまつわる記事。「中学理科がわかんないヒトが仕分けをするな」という意見がネット上で出ていたのですが、ちょっと違和感を感じたので書いてみました。「中学理科といえどしばらくやってなかったら理系の人間だってわかんない」だからこそ、「わからないヒト向けに、判断される側がきちんと説明をすることも大事」というメッセージを込めたつもりです。

第2位
骨粗鬆症の新薬「フォルテオ」(2010/7/8) 2605PV

新しい作用メカニズムをもつ骨粗鬆症治療薬「フォルテオ」についての紹介記事。今年もいろいろな薬が市場にデビューしましたが、個人的なインパクトとしてはこのフォルテオが一番インパクトが高かったですね。とにかく、「新規メカニズムで作用が強い」こういう薬はなかなか出てこないものです。残念なのは、日本だとこういう薬が海外に比べなかなか認可されないこと(ドラッグラグ)なんですよね。フォルテオの場合も8年遅れの日本での上市でした。来年は、ドラッグラグ解消のための手立てはなにか打たれるのでしょうか。

第1位
ついにきたノーベル賞。2010年ノーベル化学賞。(2010/10/6) 7879PV

ダントツの一位は、鈴木・根岸・ヘック氏のノーベル賞受賞の話題。受賞理由である「クロスカップリング反応」は、医薬品の合成に大きな影響を与えたという点で、私達、創薬研究者にとっては非常に身近なものでした。日本人の受賞というよち、受賞内容自体にとても嬉しいものを感じたノーベル賞でした。毎年、ノーベル賞に関してはいろいろな予想が飛び交います。はたして来年はどうなるのでしょうか。毎年話題に登る山中伸弥教授(iPS細胞の開発)には、いつ栄冠が舞い降りるのか。来年10月の発表を楽しみにしたいと思います。

というわけで、ブログアクセス数の上位10記事を紹介してきました。この一年間の「薬作り職人のブログ」のPV数は、283,945。多くのアクセスにこたえるだけの内容でしたでしょうか?

今年は、「専門的な話題を情報をわかり易く紹介する記事」はそれほど多くなく、自分が見聞きしたことに対する意見を書き連ねる事が多くなってしまいました。

「専門的な話題を情報をわかり易く紹介する」には、ネタや補足情報の収集、情報の再構築など手数がかかります。今年後半の多忙な時期にはなかなか時間が取れず、情報を伝えるというスタイルの記事があまりかけなかったのはちょっぴり残念でした。「専門的な話題を情報をわかり易く紹介する」という方針は、このブログの目的の中でも大きい部分を占めています。来年も、この方針は維持していきたいとおもいます。

というわけで、2010年も「薬作り職人のブログ」をご愛顧頂きありがとうございました。来る2011年も、どうぞよろしくお願いします。

それでは良いお年を!



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/12/31 16:34 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...