薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

仕事を形にして残すこと。 はてなブックマーク - 仕事を形にして残すこと。

私のお仕事には、実験がつきもの。とはいっても、実験操作が終わり、実験から得られたデータの整理が終わったらそれで終了、というわけではもちろんありません。

実際にモノを製造したり売ったりするお仕事ではないので、ただデータ整理をしただけでは何も生み出していないのと同じです。やってきたお仕事を形にするためには、報告書という形にまとめる作業が必要です。

次に類似の実験をするヒトの参考となるように、実験記録を元に、どんな実験をやったのかを分り易くまとめる。どんな結果が得られたのかを簡潔に示し、成功したときはどのような知見が得られたのか、失敗したとしたらどこに問題があったのかを考察する。最後に、次にどのような手を打つかについて提示する。

こうして書かれた報告書は、いわゆる投稿論文のように世の中のヒトの目に触れることはなく、研究所の奥底に眠ることがほとんどです。いつ・どこで・誰が自分が書いている報告書を必要とするかは、今の私にはわかりません。

ただ、はるか昔の実験報告書に助けられたことはたくさんあります。逆に、過去の報告書が中途半端で、本当に知りたいことがわからず歯がゆい思いをしたこともあります。こういう経験をしてるからこそ、報告書作成は適当に済ませるわけにはいきません。

今年は、実験をあんまりしなかったせいもあって、報告書はそれほど多くかけませんでした。そのかわり、企画やら戦略策定やらで社内プレゼン資料はたくさん作りました。ただ、こういう社内プレゼン資料は顧みられることが余りありません。仕事を形に残す、という意味では、ちょっと物足りない一年だったかも知れません。

「来年はたくさん報告書がかけるといいよなぁ」なんて思いながら、仕事納めの会社を後にするのでした。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/12/29 21:19 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...