薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたのスペックはどれくらい? はてなブックマーク - あなたのスペックはどれくらい?

なんか、「国際成人力調査」なんてのが計画されているようです。

大人の知力:無作為抽出でお宅訪問 国際調査を来夏実施へ

子供たちの場合は、国際学力テスト「学習到達度調査」(PISA)なんてのがあって、3年ごとに実施されています。つい先日も、昨年行われた調査結果が報道され、国別順位について新聞などで話題になっていました。

さて、この「国際成人力調査」は、16~65歳の男女を対象とし、調べる項目は、リンク先の記事によるとこんな感じ。

調べるのは「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の3分野と、学歴や職歴を質問する「属性調査」。OECDが挙げる例題は▽商品の取扱説明書を読み、その商品に問題が発生した時の解決方法を答える(読解力)▽商品の生産量の表をグラフにする(数的思考力)▽複数人のスケジュールを調整してネット上でイベントチケットを予約する(IT)--などだ。「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の3分野。



「学力調査」ではなく「成人力調査」と銘打っているだけあって、いわゆる学習テストではありません。学習によって学んだことを実生活に応用できるか、という事を調査するようです(ITについては、学校で学んだ世代というのは、まだまだ少ないでしょうが)。

今の私の仕事をする上では、この「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」ってのはなくてはならないもの。なんで、たぶんそれなりの「成人度」は示せて当然、のはず。

ただ、日頃の生活とかけ離れた課題が出るとすれば、やっぱりどんな結果になるかはちょっと気になったりもします。

「全く見たことのない状況に対して、いかにこれまで学習してきたことを応用できるか」というのを「学問の問題ではなく実際の生活の問題で評価する」というのは、すごく面白い試みだと思います。

国別の比較ってよりも、自分がどれくらいのスペックを持ってるのか、ってのをしりたいなぁ、と思います。調査員さん、家に来てくれないかな。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/12/12 22:55 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...