薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「夢を打ち上げる人びと~密着・ロケット発射100日間~ はてなブックマーク - 「夢を打ち上げる人びと~密着・ロケット発射100日間~

今日、NHK BSハイビジョンで放送された番組、「「夢を打ち上げる人びと~密着・ロケット発射100日間~」は、大変見ごたえのあるものでした。

今年の9月打ち上げられた、国産GPS衛星「みちびき」。この「みちびき」を打ち上げるH2Aロケットが発射されるまでの100日間を、一つ一つのミッションに関わるたくさんの技術者の姿を通じて描き出していきます。

ロケットエンジンの要、ノズルの冷却管の溶接に取り組む、この道40年の溶接工。機械による溶接技術が発達した現在でも、どうしても人の手でないと溶接できない箇所は存在します。溶接工が、表面から見えない配管の裏側の溶接面にこだわるのは、これまで経験した多くのエンジン故障という失敗の結果。後進に任せつつ、後進の技の足りない点を先輩の視点からフォローしていく姿は、技術の継承というのを目の前に見せてくれました。

巨大ロケットを種子島の港から発射センターまで運ぶトラックの運転手。まったく後ろが見えない状況で、普通の街中や急カーブが続く山道を、無線の支持だけで進んでいきます。町の人から差し入れを受け、ちょっと照れながらも、真夜中一晩かけて、ゆっくりととロケットは進みます。

ロケット組み立てのために、ロケットを吊り上げるクレーンの技術者。もともと農家をやっていたのが、農業だけではやっていけなくて宇宙センターに就職。クレーンの扱いを学び、いまではロケット組み立てには欠かせない人材となりました。巨大ロケットの取り扱いは練習ができない一発勝負。マニュアルを読み込んでイメージトレーニングを重ね本番に望みます。これまで、ロケットを傷つけたことは一度もありません。

ロケット打ち上げまでの間、マニュアル1200ページ・3000項目もの点検を行う技術者たち。打ち上げ直前まで、自分たちではコントロール出来ない天候の変化を判断する気象予報士。そして、これらの点検作業の結果から、実際の打ち上げを判断する責任者。

責任者曰く「すぐ止める勇気をもて」。ロケット打ち上げ延期はそれだけで損失ですが、打ち上げ失敗のリスクに比べれば、それは小さな損失。「解決できるトラブルは、必死になって解決しろ」それでも「常に平常心」。責任者の世代は、ロケット打ち上げ失敗を数多く経験してきた世代。最近は、ロケットの失敗事例が少ないからこそ、失敗を経験した自分たちが、きちんと失敗やトラブルの経験について伝えていかなくてはいけない、その思いは、とても良くわかります。

打ち上げ直前、衛星切り離し直前、責任者の方は、手を組んで念じていました。どれだけ確認を重ねても、最後はやはり念じるしかない。全ての手を尽くしたからこそ、念ずるしか手がないのだと思います。

「みちびき」の打ち上げは見事成功しました。島の人達が広場から見つめるロケットの打ち上げは、夜空が昼のように明るくなり、太陽がゆっくりと空に登っていくように見えました。多くの技術者たちに魂がロケットと一緒に空に旅していくようにも思えます。

巨大なプロジェクトは、個々の技術者が自分たちの一つ一つのミッションを地道にこなし、かつ情報をきちんと把握し、思い切った判断ができる責任者がいることではじめて成功します。これまで、13回連続で日本のロケット打ち上げは成功しているのですが、それそれの打ち上げにおいて、今回と同じように、表に出てこない多くの人達の働きがあったのかと思うと、胸が熱くなります。

技術者のはしくれの私もにとっては、とても印象に残る番組でした。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/11/19 00:10 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...