薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

誤りを自分で見つける、ということ。 はてなブックマーク - 誤りを自分で見つける、ということ。

息子が数学が好きなんで、家で時間があるときに、時々ちょっと難し目の問題を出してみたりします。ネタ元は、私が自分でやってる中学生用問題集。ひと通り、自分で問題は解いてあるので、問題の難易度は把握しています。難しすぎず、簡単すぎず、思考力をつけるのによさげな問題をセレクトしています。

リビングの机の上でいろいろ頭をひねって考えている様子を遠くから眺めてると、こたつに入りながら勉強していた昔の自分を見ている気分。ノートが計算式で埋まり、解答がある程度終わると、私に見せに来ます。

大抵はなんとか解いてくるのですが、ときどき、やはり間違いもあります。そういう時は、私に見せる前に「なんか間違っているというのはわかる」なんて言ってきます。自分でも、きちんと解ける・解けないの判断は付いているようです。

間違ってる時は、あえて答をレクチャーせず、もう一度解き直させるようにしています(全く分かんなくて白紙の時は、さすがにある程度レクチャーしますが)。間違いの原因が、計算ミスなどのケアレスミスにあるのか、考え方自体が間違っているのか、そのあたりを自分で考えて見つけてもらいます。

二回目に答を見せてくれる時は、「今度は自信ある」なんて頼もしい言葉を言ってくれてたりします。そういう時は、大概答もあってたりします。

問題を自分の力で解き、誤りもできるだけ自分の力で見つける。これの繰り返しが、たぶん頭の体力づくりに一番適しているんだと懐います。


最近、「私が」やってるのはこれ。


↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/11/10 23:35 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...