薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和算に学問の発展のあり方を見る。 はてなブックマーク - 和算に学問の発展のあり方を見る。

NHKの番組「歴史秘話ヒストリア「ちょんまげクイズ合戦!~江戸の彼氏は数学がお好き~」で、「和算」の特集をしていました。

タイトル見ると、ちょっとおちゃらけた感じですが、内容はいたって硬派。日本独自に江戸時代までのあいだ発展した数学「和算」について、分かりやすく説明されていました。

現在、私達が小学校から学んでいる数学は、明治時代になって欧米から伝えられた「洋算」と呼ばれるものです。四則演算の記号やアルファベットの文字式、様々な関数記号・微積分の演算記号、どれも海外から取り入れた「洋算」のものです。

とはいえ、数や計算の概念、いろんな実用技術の基本になるところに数学があるのは、どの国どの時代も同じ。欧米から洋算が伝えられる前の鎖国時代の日本でも、独自の数学が発展しました。それが「和算」です。

江戸時代の「和算」で研究されていた内容は、海外の数学に負けず劣らずの内容でした。和算の研究者「和算家」たちは、切磋琢磨して、「積分」や「無限級数」などの解析学、幾何学など、洋算と同レベル以上の研究を行っていました。

これらの研究は、暦や土木工事などの実学だけでなく、純粋数学に近いところへも近づいていきます。

番組では、関孝和(江戸時代を代表する和算家)と渋川春海という、二人の和算家の和算へのとりくみが紹介されていました。

ある時期、彼らは和算を使って「暦」をつくることに取り組みました。渋川春海は、精度に目をつぶっても早く実用的な暦を作るという「実学」を目標としました。これに対し、関孝和は「自分の和算の性能を極める」、つまり「純粋数学」を目標とし、その結果として「暦」ができることを目指しました。

渋川春海の暦は完成し、国産初の暦となりました。一方、関の暦は完成しませんでしたが、彼の和算の技術は非常に高いレベルに達しました。いずれのアプローチも、それぞれ、学問の発展のあり方を表しています。

「洋算」と「和算」、数式や記号などはぜんぜん違うのですが、概念としては全く同じものを扱っており、今の言葉に翻訳すると全く同じ内容のことを現しています。国や言葉や文化がちがっても、まったく同じ内容の事柄がヒトの脳からでてくるというのは、とても興味深いものです。

こういうのを見ていると、どんな頭の良いヒトのアイデアを思いつく能力であっても、自分の脳の中の片隅に眠っているんじゃないのかな、と思います。




↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/11/03 23:59 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...