薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プレゼンの自信をもつためには。 はてなブックマーク - プレゼンの自信をもつためには。

今週は、私のブログはノーベル賞で盛り上がりましたが、お仕事の方では、ちょっと大きなプレゼンが入ってしまって、ドタバタしていました。

後輩たちのお仕事のレビューを兼ねた、結構大事なプレゼン。ということで、部内の後輩たちと頭をつき合わせて資料を作り、週末の本番に向けて、ヒーヒー言いながら準備をしてました。

資料は、みんなの協力でスゴク良いものができ、上司からも良い評価をもらいました。あとは本番、プレゼン相手の前で、いかにうまく話すか。

これだけは、後輩たちの手を借りるわけには行きません。

プレゼンで話すときには、以前の記事にも書きましたが、自信ほど大きな武器はありません。場の雰囲気に飲まれたら負け。自分のペースをいかに保つか、飛んでくる質問をいかにうまくコントロールし、目的に近づけるか。このあたりを冷静にこなすには、自信がどうしても必要です。

今回のプレゼンは、事前の準備に相当頭を使い、話の流れも頭の中で何度も何度も詰めたこともあり、非常に落ち着いてこなすことができました。プレゼンの部屋に入る前まではドキドキもしたのですが、資料を見た瞬間に自信が沸いて出る。まぁ、大概のうまくいくプレゼンはこんなものなので、その時点で、なんとかなるなとは思えました。

結果は、プレゼン相手も満足のいく、会心の出来。大きなヤマをこえました。

「自信」といえば、今日、Twitterを見てたら、こんな言葉が流れていました。サッカー日本代表の前監督、岡田武史氏の言葉です。

四六時中サッカーのことを考えていた。夜に目が覚めてメモを取ることもありましたよ。でもその瞬間『今、世界中でこんなにサッカーのことを考えているのは俺しかいないんだ』と思うと、不思議に自信が湧いた。(岡田武史)

ひたすら考えることから出る自信。考えたことから出てきたアイデア。これらが組み合わさると、プレゼンでは強力な力を発揮する、そんなことを実感した今週のお仕事でした。




↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/10/09 21:16 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...