薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネットのすぐ向こうには専門家がいる。 はてなブックマーク - ネットのすぐ向こうには専門家がいる。

今週は、ノーベル化学賞の記事を書いたところ、検索エンジンの高い順位に登録されたらしく、たくさんの方に訪問していただきました。

私は、化学の専門家ではないので専門的な記事はかけず、記事の中ではカップリング反応と薬作りの関連について、触りだけを紹介するにとどまりました。はたしてあの記事でどれだけカップリング反応についてつかめてもらえたのかは、わかりません。

とりあえず世の中のいろんなものを作るのに欠かせない凄いツールだ、ということが伝わったとすれば、とりあえず十分かな、とは思っています。

ネット上では、色々なサイトで、今回のノーベル化学賞に登場する「カップリング反応」についての記事が取り上げられています。ネットのすぐ向こうには専門家がいて、マスコミがフォローし切れない専門家ならではの記事を投稿しています。

その中でおすすめなのは、化学系ブログ「ケムステーション:化学者のつぶやき」です。今回のノーベル化学賞についてのわかりやすい解説記事を連日掲載しています。

化学者のつぶやき

専門家の自分の専門分野に対する愛着というのは非常に大きいものなので、今回のようなビックニュースになるとブログの書き手のよろこびというのが、いきいきと伝わってきて、読んでいる方もワクワクしてしまいます。

その中でも、今回のノーベル賞の対象「カップリング反応」に関わった、無名(といっても世の中的には知られていないという意味で、化学界では有名なのですが)日本人化学者達の系譜が丁寧に解説された記事は、一見の価値があります。

専門家の方が書かれた記事なので、全体の流れの中で大事なところをきちんと押さえており、一度読むだけできちんと全容を把握することが出来ます。

有機化学に対する専門知識が少ない(これは仕方が無いこと)普通のマスコミの人には、このような記事はすぐには書けません。受賞のすぐ後に、ここまでしっかりとした記事が出来上がるのは、やはり専門知識が豊富な専門家ならではのことでしょう。

こういうわかりやすい情報を素早く流してくれる専門家が、ネットの上で、もっともっと増えてくれるといいな、と思います。私も、自分の専門分野で、このような丁寧な仕事が出来ればいいな、といつも思っているところです。


ツイッターの向こうには、たくさんの専門家が。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/10/08 23:42 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...