薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ねじれたっていいじゃない。 はてなブックマーク - ねじれたっていいじゃない。

今日は、参議院選挙が行われました。選挙速報によれば、与党の民主党は議席を減らし、野党が議席を大幅に回復。そのため、参議院の議席は与党が過半数を超えることが出来ない情勢になったと言うことです。

このような状況は「ねじれ国会」とよばれます。衆議院では与党が有意、参議院では野党が優位。衆議院と参議院で議決が異なり、国会の運営が困難になる、なんて報道がされています。

この「ねじれ」の状態。なんか、悪いことのように言われていますが、はたしてそうでしょうか。

もともと、国会に衆議院と参議院があるのは、お互いがその機能をチェックするためです。

ということは、「衆議院で議論したことを参議院でチェックする」という役割のためには、「ねじれ」の状態のほうがいいのではないのでしょうか。双方とも過半数の与党が占めていたら、きちんとしたチェック機能がはたらくのかどうか、疑問が残ります。

「ねじれ」の状態で混乱がおこると報道されるのは、過去の国会では、このチェック機構のなかで議論がとまってしまう、という現象があったからだと思われます。

考えてみると、これは不思議な状況です。本来、チェックして悪いことが見つかったら、そこを修正するための話し合いが行われるべきなのですが、与党はそれを受けず、それに反発する野党は議論を止める、、どうかんがえても子供の喧嘩のような状況。

今回当選された候補者の皆さんには、ぜひ「いかに人の話をきき、良いとこをとりいれ、悪いとこを修正するか」ということを考えてほしいと思います。子供への説教のようなことですが、政治家に限らず大人の世界ではこれが出来ないひとが多いです。

最初から完璧な意見や提案なんてのはありません。みんなで批判しあい改善案を話しあって、揉みに揉むことで磨きがかかり、より強いものができあがるのです。普通の会社でできることが、国会で出来ないことはないと思います。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/07/11 23:44 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...