薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

骨粗鬆症の新薬「フォルテオ」 はてなブックマーク - 骨粗鬆症の新薬「フォルテオ」

先日、金魚のウロコが宇宙ステーションに運ばれて、新薬開発の基礎研究に使われた、って記事を書きました。

薬作り職人のブログ;金魚のウロコと新薬開発。

金魚のウロコには、ヒトの骨と同じ骨芽細胞(骨を作る細胞)と破骨細胞(骨を溶かし壊す細胞)があるので、無重力が骨に与える作用の研究や宇宙で起る骨粗鬆症(骨がもろくなる病気)の薬の研究が簡便にできる、という話でした。

この骨粗鬆症のお薬なのですが、つい先日、厚生労働省から「新薬が承認される見通し」との発表がありました。

その薬は、「フォルテオ」(日本イーライリリー、主成分 テリパラチド)。海外では2002年から用いられていた薬で、ようやく日本でも使用できるようになりました。

フォルテオの主成分であるテリパラチドは、ヒトの副甲状腺ホルモン(PTH; parathyroid hormone)をもとに作られたペプチド(複数のアミノ酸が結合してできた化合物)です。PTHは、ヒトの副甲状腺から分泌されるホルモンで、骨の代謝をコントロールしています。このPTHの活性の原因となる部分ペプチドを抜き出し、遺伝子組換え技術により大量生産して作られたのがテリパラチドです。

現在の技術では、ペプチドを飲み薬として投与することは難しい(消化管で分解されたり、腸から吸収されにくい)ので、1日1回、皮下注射によって投与します。

骨粗鬆症は、骨芽細胞と破骨細胞の働きのバランスが崩れ、骨の量が少なくなりもろくなる病気です。

フォルテオは、ヒトの骨を作る骨芽細胞の数を増やしたり、骨芽細胞の数が減らないようにする働きを持っています。骨芽細胞の数が増えることで骨の量が増え骨が強くなることで、骨折などをおこすリスクを減らすことが出来ます。

これまでの骨粗鬆症治療薬は、主に骨を壊す「破骨細胞」の数を減らしたり働きを止めることで、骨が壊れるのを止める作用を持っています。もろくなってしまった骨を強くするには、骨を作り出す骨芽細胞の力に頼るしかありません。フォルテオはまさにこの過程を手助けする、新しいメカニズムを持つ薬なのです。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/07/08 22:19 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...