薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理系と手描き。 はてなブックマーク - 理系と手描き。

最近は、何を書くにもパソコンのお世話になる時代。

文章だけでなく、亀の甲がならんだ化学物質の構造式や、色々な数式なんかもパソコンソフトを使って、美しく描くことが出来ます。

しかし、個人的にはやはり「手描き」のほうが味があると感じます。ワープロで書いた手紙がなにか味気なく手書きのほうが趣深い、というのと共通の感覚かなぁ。

大学の有機化学の授業で、教授が構造式を黒板にスラスラと書く姿。白墨がカツカツなる小気味よいリズムのなか、どんどん黒板の上に増えて行く亀の甲、、うーん、たまらないです、こういう光景。

板書をノートに写すのももちろん手描き。ノートに書かれた構造式もヒトそれぞれ。おもいっきり形を崩したヒトも入れば、丁寧にカクカクの構造式を書く几帳面な人もいます(私は前者)。

手描きというのは、書いたヒトの性格というかキャラクターを映し出していて、見ていて楽しいものです。読めないような悪筆でも、かっこよくてなぜか許せてしまうような、そんな不思議な感覚。

たまには、報告書なんかも手描きでできたら面白いのになんて思いますが、さすがにもう手描きでは通用しないですね。電子化とか色々面倒くさい手続きもあるのです。なんか寂しいなぁ、とおもうアラフォー世代です。



↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/06/01 00:41 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...