薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長かった15分。 はてなブックマーク - 長かった15分。

ようやく、緊張の一週間が終わりました。

月曜日に細胞さんを仕込んで、今日の午後にデータ取得。とある理由で失敗が許されず(まぁ、失敗してもなんとかなるのですが、ものすごくめんどくさい事態に巻き込まれる)、月曜日から金曜日まで神経をすり減らす毎日でした。

予備検討をなんどもやっているので、実験自体は問題はありません。ただ、ケアレスミスなんかで実験操作を間違えると即失敗という世界の話なので、気を抜けません。

今日の午後、細胞さんが住んでた(?)培養プレートから取り出した何種類もの培養液に、最後の試薬を加えます。実験がうまく行っていれば、15分たつと培養液が入ったプレートは、青くきれいに光ってくるはず。

この化学反応は光を嫌うので、光が当たらない入れ物の中で行います。だから、15分の間、何が起こっているのか渡しは見ることができません。うまく行けば何が起こるのか予想できるだけに、入れ物の蓋を開けて調べたい気分になりますが、底はじっと我慢。なんか、合格発表をまつ受験生のようです。

そして反応時間終了。入れ物から取り出したプレートは、無事青く光っていました。実験は成功です。あとは、このプレートを測定機械にかけるだけ。でも、「プレートを測定機械に持っていくときに転んで台無しにしてしまった人」を知っているので、油断はできません。

ゆっくりとプレートを機械にしかけて、あとは自動測定が終わるのを待つだけ。あっというまに測定は終わり、データは無事パソコンの中へ。これで、実験データの取得は終了。

肩の荷がおりました。これだけ緊張したのは久しぶりです。もし、失敗してたら、今週末は暗くゆううつにすごしていただろうな、と今になっては思います。

出来て当たり前のことなんだけど、いざ完璧を求められるとプレッシャーが掛かってしまうんですよね。。失敗覚悟でどんどんできる実験の方がやっぱりいいです(笑)。


長い一週間、長い一日でした。


↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/05/29 00:26 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...