薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

枝葉末節。 はてなブックマーク - 枝葉末節。

今日は朝から快晴。ぽかぽかと暖かく、外にお出かけしたい雰囲気。

ということで、家族で桜を見に行ってきました。

琵琶湖のほとりにある公園では、「桜まつり」なんてのが行われていて、多くの人で賑わっています。フリーマーケットや食べ物の出店が出てて、家族で買い物したり、桜を見ながらカレーを食べたり。「花よりフリマ、花よりカレー」なんて感じだったりもしました。

桜は8分咲きくらい?枝々には、まだつぼみがチラホラと見受けられますが、遠くから見るときれいなピンク色。青空をバックにしたピンク色の花弁が、とても気持ちの良い絵柄です。

20100404a.jpg

公園からの帰り道には街路樹がならんでるんですが、こちらはまだまだ冬のまま。新芽はでてなくて、木々の枝々だけが、青空をキャンバスに線画を描いています。

20100404.jpg

こういう木々をみてると「枝葉末節」なんて言葉が頭に浮かびます。辞書だと、枝葉末節という言葉は「中心から外れた事柄。本質的でない、取るに足りない事柄」などという説明が書かれていて、ちょっとネガティブな印象を受けます。

でも、木々が描く美しい線画を見ていると「枝葉末節あってこその全体の美しさ」というのもあるんだよな、とも思います。そういえば、桜だって、細かい枝々の一つ一つの花々があってこそ、全体として美しく見えるんですよね。

仕事では「物事の本質を見る、枝葉末節にこだわらない」なんてことをいわれることが多いのです。それでも「普段の生活を過ごす上では、もっと違った見方もあるし、それはあながち間違ってはいないんじゃないか」などと思う、春の午後なのでした。





↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/04/05 00:12 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...