薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

技術を開発するヒト・技術の使い道を見つけるヒト はてなブックマーク - 技術を開発するヒト・技術の使い道を見つけるヒト

科学の進歩は、さまざまな発見や試行錯誤の結果、これまでにない技術やこれまでの能力を遥かに超えた技術、というのを生み出してきました。

では、この技術をどう使うか?

実は、これが一番大事なところ。しかし、新しい技術や優れた技術というのは、案外できたてのときには最適な使い道というのがわかっていないものです。最初目標としていた使用目的が、はたしてその技術や機械のフルスペックをつかっているのか、より良い使い方があるのかどうか、出来立てのほやほやの頃には誰にもわかりません。

だから、このような技術は広く公開され、いろいろな研究者・技術者により、様々な応用法を検討されるのが理想です。もちろん、企業や大学が特許をきちんととり、その権利を保持したうえでの話です。

新薬開発の世界でも、多くの技術が開発されています。私たち企業研究者も、日々いろいろな最新技術を持ったベンチャー企業からアプローチされており、その使い道を色々と考えています。

もちろん、新技術を導入した後、意外な使い道を思いついたり、よりグレードアップした方法が見つかった、なんてことは、残念ながらなかなかありません。しかし、常にその可能性を考えて、新しい技術を使っていくことは忘れてはいけないと思います。

新しい技術を開発するヒトと、新しい技術の使い道を見つけるヒトは、異なる方が何かと都合がいいものだと思います。私は、前者にはなれないかも知れないけど、せめて後者にはなりたいものだ、と思っています。

モノづくりの苦労と気持ちよさを知りたいひとに。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。

blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/03/21 12:14 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...