薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卒業した君へー息子へのメッセージー はてなブックマーク - 卒業した君へー息子へのメッセージー

今日は、小学校最後の日でしたね。卒業式やお父さん・お母さんへの手紙で、今までの感謝とこれからの意気込みを知り、とてもうれしく思いました。お父さんのブロクを時々見ているようなので、今日の言葉のお返しに、お父さんからもちょっと言葉を送りたいと思います。

卒業おめでとう。

6年前、満開の桜の下で大きなランドセルを背負ってた姿は、今でもはっきりと思い出せます。春の陽に光る、希望に満ちた笑顔。今日の卒業式、あの笑顔を無事見れたことに、お父さん・お母さんはとても感謝しています。ありがとう。

最初の数年間は、引っ込み思案で、かけっこもそんなに早くなくて、正直「大丈夫かなぁ」なんて思ったこともありました。お父さんはあんまりそういう話をしなかったかもしれないけれど、お母さんからはいろいろと話を聞いていて、たくさんのニュースにドキドキしていました。

しかし、年が経ち成長するに連れ、苦手なことをクリアし、どんどん前に出ていく姿勢がでてきたことは、お父さんにははっきりと分かりました。どんどん走るのが早くなったこと、おくびょうにならずハキハキと発表できるようになったこと、他人とは異なる意見を持とうと考えるようになったこと、そのどれもがお父さんには頼もしく感じられ、ちょっとうらやましくも思えました。

特に、最後の一年間のがんばりは、お父さんは誇りに思っています。「あゆみ」(成績表)の結果が、どんどんよい方向に動いていることについては、「成長している」という自信を持っていいと思います。

卒業式のときの「自分で道を切り開く」という言葉。お父さん・お母さんへの手紙での「自立する」という言葉。中学生というのは大人への入り口。周りに流されず、自分の力で前へ前へと進んでいく姿勢はとても大事。この言葉を聞いて、お父さんは、ほっとしました(ちょっとさみしくもあったけど(笑))

お父さん・お母さんには、あれこれいうことはもうありません。自分のやりたい事、知りたいことを、思う存分やってください。そして、しんどいことがあったら、いつでもお父さん・お母さんのところにもどってきてください。

これからの中学生活は、航海のようなもの。ゴールはまだまだ遠い水平線の彼方。いろいろな情報をもとに、いろいろな人と話をしたりして、自分で船のコースを決めていくことになります。

長い航海、競争という大きな波におそわれることもあると思います。波をうまく乗りこなして、勢いを増して前に進むもよし。あまりに大きな波でどうしようもないときは、「我が家」という港に遠慮なく戻ってきて、波を乗り越える力をつけるのもよし。お父さんもお母さんも、それなりの航海の経験はあるので、きっとアドバイスはできると思います。

そして、航海には仲間が必要です。これからの中学生活でも、多くの友達ができると思います。

「友達のいいところを吸収する」「勉強やスポーツで競いあう」など、とにかく「つながり」を大事にしてください。そして、そのつながりから「一人ではできないことが、つながりのなかではできることがある」ことを実感してみてください。

自立というのは、一人でやっていくことであるとともに、周りの人とうまくやっていく、うまく物事を作り上げていくことでもあるのです。

いろいろと書いてきましたが、お父さん・お母さんは、うまくやっていけると思っています。4月からの中学時代、13歳から15歳という3年間は、一生で一度しかありません。悔いが残らないよう、できることを精いっぱいやってください。応援しています。


卒業式でわんわん泣いてた、ちょっと頼りないお父さんより。


↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/03/20 00:43 ] 家族の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...