薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

みんなで勉強。 はてなブックマーク - みんなで勉強。

研究者ってのは、つねに「最先端の知識と情報」を手に入れて、それを把握し利用することを要求されます。とはいえ、手に入れた情報を使うためには、その情報のもとになっている基礎的な知識や技術を理解している必要があります。

薬の世界に限らない話なのですが、現在の科学というのは様々な分野の知識が入り乱れて構成されています。というわけで、自分の専門領域だけ知っていても、最先端の論文を十分に理解するのにはしんどさを感じることがよくあります。

自分の知らない分野に関しても、きちんとした教科書使って「基本知識と考え方」を抑えておかないといけないよな、という思いは、会社の人達も皆思っているようです。そんなわけで、自主的に「勉強会」を開いて、自分の専門分野以外の教科書的知識を吸収しあう、なんて活動もしています。

大学の研究室でもよく行われる「輪読」というタイプの勉強会。一冊の教科書の内容を何人かで分担し、自分の担当範囲については責任を持って教科書を読み込みます。

自分の発表の順番のときには他の人にわかるよう説明し、他の人の発表の順番については発表内容についての質問を必ずする。議論を作り出して意見のやり取りをすることで、お互いの頭に知識を刻み込む、というのが勉強会の目的です。

いろんな分野のヒトの集まりなので、意外な質問もどんどんでてきます。それに対して用意していた答えを考えるのもよし。わからないなりに自分の考えを表明するのもよし。自分の得意分野に話を誘導して、話を広げつのもよし。

いろんなヒトの頭の中にある、教科書に書いてない周辺知識まで引っ張り出して、より新しい物の見方ができるようになれば大成功。こうなると、本来の「勉強会」の意義を超えた集まりになります。

私も、できるだけこういう集まりには参加しようと思っています。知識は身につけるのも、それを使うのも面白い。そんなことを実感できるのが「勉強会」だと思っています。


↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/03/12 23:32 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...