薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予算の桁が変わるとき。 はてなブックマーク - 予算の桁が変わるとき。

今日は、今所属しているプロジェクトのミーティング。会議というよりは、プロジェクト全体の現状報告と情報の共有化。

開発段階でいうと結構高いステージ(臨床試験に近い)プロジェクトなので、様々な分野の人が関わる大掛かりなプロジェクト。私は、異動したばかりなので、このプロジェクトでは新米&末席を占めるだけ。ということで、それほどストレスなく参加出来ました。

最後の方で、プロジェクトの予算構成についての話題が出てきました。さすがに、このステージになると予算のつき方が違います。具体的な金額はもちろん言えませんが、桁が違うのは確か。中でも、安全性試験と化合物の大量合成に、多くの予算がつぎ込まれています。これが、臨床試験が始まると、また桁が変わるんですよね。

ステージが進むに連れてどんどん費用がかさんでいくのは、どの製造業でもおなじです。しかし、薬の場合は、ステージがすすむにつれて、失敗する可能性がどんどん高まります。ヒト臨床試験で、動物試験では予測出来なかったこと(効果が弱い、想定外の副作用など)がおこると、即ストップ。これは、もちろんヒトでなにかあったらいけないという判断が大きいのですが、失敗時の損失をできるだけ抑えたいというのも大きな理由です。

現在のプロジェクトが果たして臨床試験に辿りつけるかどうかはわかりませんが、確実に前進していることは確か。臨床試験を、より確実に安全に行えるよう、きちんとしたデータを出していくことが自分のお仕事。頑張りたいと思います。


↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)

薬学関連の学生さん、社会人の方、出会いの場ということで、お気軽に参加を。
ついったー薬学部(薬学関連Twitterユーザーの自己紹介つきリスト)の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/03/06 00:43 ] お薬作りの日記 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...