薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「その情報は科学的に正しいのか?」と考えること。 はてなブックマーク - 「その情報は科学的に正しいのか?」と考えること。

世の中には、テレビや新聞、ネットなどで様々な情報が流れています。その中には、科学の世界にいる人間からすると「あれ?」っと首を傾げるような情報も結構あります。「その情報は科学的に正しいのか」「その情報を信じて良いのか」と思うことが度々あったりします。

もちろん娯楽の範囲の馬鹿話として、笑って済ませる(忘れてしまう)ことができればそれでもいいのかもしれませんが、そうはいかない場合もあります。正しくない情報のために、健康的・金銭的に「痛い目」にあってしまう人も世の中には少なからずいるのです。

では、「正しい情報」というのはどのように判断したらいいのでしょうか。情報の正確さには、様々な意味のとりかたがあります。「体験談」のみに終始する情報には、正確さはあまり望めないでしょう。そして、なんらかの「実験データ」を持ち出してくるような情報については、ある程度の判断基準が存在します。

マスコミやネットに出てくる「実験データ」をもとにした情報は、すべて「正しい」わけではありません。「正しくない情報」というのも、たくさん流れています。この「正しくない情報」というのは、「実験データを捏造している、嘘をついている」というレベルのものだけではありません。

「実験データはたしかにあるのだが、データの取るための方法論を間違えている」「実験データ自体は正しいかもしれないが、その解釈・説明の仕方がただしくない」「公開されているデータは正しいが、それ以外にも公開されていないデータがある」「一部の実験データから、すべての事柄に対してデータの正しさを当てはめてしまう」などなど、「正しくないパターン」というのは、様々なものがあります。

これらの罠に引っかからないためには、「正しい科学的根拠がある情報」を判断するための「コツ」が必要となります。科学の世界にいる研究者は、ある程度は、この訓練をうけています。しかし、いざそれを言葉にしようとすると、なかなかうまいこといかないものです。

そんな中、「科学的根拠がある情報を見極めるためのコツ」を紹介したWebページをTwitterで教えていただきました。このページの内容は、非常にうまくこのコツをまとめています。Q&A方式になっているので、内容がとても理解しやすくなっています。

国立健康・栄養研究所:科学的根拠のある情報とは?
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail771.html


このページは、国立健康・栄養研究所の「健康食品の基礎知識」というサイトのなかの一記事です。しかし、この話は健康食品だけでなく「科学的データ」をうたい文句にしている情報すべてにあてはまります。いろんな広告、新聞記事、ネットの噂話、、、

ネットなどでの自由な情報発信を規制する手段がない現在では、受け手である私たちが情報を判断するしかありません。また、私のようにブログで情報を発信している人間は、きちんと正しい情報を選びとり誤解を与えないよう伝える方法を見につけなくてはいけません。

難しいことではありますが、「これは!という情報を見たときには、一度立ち止まって考える」という癖を付けるところから始めたいと思っています。


↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)


薬学関連の学生さん、社会人の方、お気軽に参加を。
ついったー薬学部の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/01/07 22:23 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...