薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

副作用が、ちょっとは役に立っているのかもしれない話。 はてなブックマーク - 副作用が、ちょっとは役に立っているのかもしれない話。

昨日は、ちょっと調子が悪くてブログお休みしました。

おととい、昨日と頭が痛く、ちょっと鼻の具合も悪かったので、昨日の夜は市販の風邪薬を飲んで、早めに就寝。今日の朝には、薬が効いたせいか体調は回復しました。ぐっすり寝れたのは、頭にとっても体にとっても良かったようです。

市販の風邪薬には、抗ヒスタミン薬と言う成分が含まれています。ヒスタミンは、鼻炎などの炎症症状を引き起こす原因となる物質です。

この抗ヒスタミン薬の中には、眠気を催すものがあります。ヒスタミンは、脳の中の神経活動に関与しています。ヒスタミンの働きを抑える抗ヒスタミン薬が脳の中に入ると、神経の活動を抑え、眠気を生じてしまうのです。

日中に風邪薬を飲むと眠気で困ってしまうことになりますが、逆に、病気で寝ていないとダメなときは、布団でおとなしく寝るいいきっかけにもなります。副作用が、実はちょっとは役に立っているのかもしれません。

寝るために風邪薬を飲むというのは、もちろん本末転倒なことなのでやってはいけません。ただし、抗ヒスタミン薬であるジフェンヒドラミンという薬自体は、「ドリエル」という商品名で「睡眠改善薬」(微妙な表現ですが)として販売されています。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)


薬学関連の学生さん、社会人の方、お気軽に参加を。
ついったー薬学部の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/12/23 23:56 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...