薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大学への数学、大学での数学。 はてなブックマーク - 大学への数学、大学での数学。

高校生のときは、数学が好きでした。教科書の知識を身につけ、問題を沢山解く。問題が解けたときの快感は、パズルが解けたときの快感と似たようなものでした。「大学への数学」という数学専門の受験雑誌を購読して、毎日、沢山の問題を解いたものです。

さて、大学に入り、楽しみにして受けた数学の授業。これがよくわかりません。

実数の定義から数列、極限の導入、、高校のときは教科書数ページで済んだ項目を、何十ページも書けて丁寧にたどって行きます。定義と証明の繰り返し。問題を解くというよりは、内容を理解する。

これが「数学」という学問なのだ、と分かるのにしばらくかかりました。

高校までの数学は、学問ではなく「道具」。大学での学問をやりやすくするための基礎トレーニングだったような気がします。トレーニングによって、体に数学の感覚を覚え込ませる。もちろん、数学にはある程度のセンスがあるので、トレーニングを積んでもなかなかうまく行かないこともありますが、工夫次第でそれなりにうまく行きます。

一方、大学での数学は、「学問」と「道具」の両面をもっています。極端な話、「道具」としての使い方でよければ、適切な問題集をこなせばなんとかなるものです。しかし、「学問」としての数学を勉強するには、それなりの覚悟と考え方が必要です。

大学で使う数学の教科書には「~は容易に分かる」という表現で、説明や証明を省略することがよくあります。私は、こういうところに限って「容易に分からない」ことが多く、苦労しました。

そして、やってるうちに、「容易に分かる」という言葉は、「容易に分かるようになりなさい」ということなのだな、と思うようになりました。省略された証明を自力で解くこと自体が勉強であり、理解への近道。

結局、がんばったつもりだったんですが、大学での数学は苦手なまま終わってしまいました。しかし、「苦手」=「嫌い」にはならずに済んだのは、よかったです。

息子は数学好きになるのかな。数学好きになってくれたら、ちょっとは話があうんだろな、なんて思ってます。


↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)


薬学関連の学生さん、社会人の方、お気軽に参加を。
ついったー薬学部の紹介と入部の仕方。
http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html


薬学関連の学生さん、社会人の方、お気軽に参加を。ついったー薬学部の紹介と入部の仕方。http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1807.html
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/12/02 23:41 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...