薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストラスブールの風景。 はてなブックマーク - ストラスブールの風景。

blogranking.gif

今日は、時差ぼけの影響がどっと出たのか、
1日うとうと寝てばかりいました。
海外慣れしてないせいか、年とったせいなのか。
本当、休日で良かった~。

起きている間は、デジカメの写真の整理をしてました。
その中から、仕事が終わった後にふらついた、
ストラスブールの街の写真を何枚かご紹介。

ストラスブールのシンボルと言えば、
やっぱりノートルダム大聖堂(カテドラル)。
ものすごく大きくて、首が痛くなりそう。

DSCF2406.jpg


60m以上の高さがある聖堂の屋上からは、
歴史あるヨーロッパの街並を、一望にすることができます。
階段で登るのはものすごく疲れましたが、
ときおり鳴り響く鐘の音が、その疲れを飛ばしてくれます。

DSCF2579.jpg

キャンドルが静かに輝く聖堂の中は、
たくさんのステンドグラスに囲まれ、
キリスト教徒でない私が見ても心が洗われる気分。

DSCF2531.jpg

街には大きな広場がたくさんあります。
そんな広場で、メリーゴーランドを見かけたのはびっくりです。
遊んでる女の子が、フランス人形みたいだったのが印象的。

DSCF2392.jpg

広場にいた似顔絵屋さん、
勇気を出して似顔絵描いてもらいました。
気難しそうに見えたけど、
スマイル、スマイル、の時の笑顔はとってもキュート。

DSCF2399.jpg

プチ・フランスとよばれる地区には、
ストラスブールがあるアルザス地方の伝統的な建物、
木組みの家が立ち並んでいます。
そんな中を、小学生の子供たちが元気に通学しています。
フランスの子供たちも元気ですね~。

DSCF2600.jpg

何回かみかけた街の広場での市場は、
野菜や魚、パンにチーズ、服から台所用品まで、
いろんな物が売っています。
街の人たちの陽気な会話は、
中身は分かんないけど楽しそうでした。

DSCF2120.jpg

初めて訪れたヨーロッパの古都は、
生き生きとしたとっても庶民的な街。
言葉が話せたらもっと楽しかったんだろうな。

難しげなフランス語を思わず勉強したくなる、
そんな思いにさせてくれた素敵な街、ストラスブールでした。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/09/21 23:59 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...