薬作り職人のブログ

新薬のアイデアを考える人から見たいろんな話。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネズミさんの宇宙旅行の問題点。 はてなブックマーク - ネズミさんの宇宙旅行の問題点。

blogranking.gif

これからヒトが宇宙に進出するにあたり、
宇宙での活動によるヒトの健康に対する影響を調べるには、
動物を使った実験が欠かせません。

果たして、薬作りの大切なパートナーであるネズミさんは、
これまで宇宙に行ったことがあるのでしょうか。

調べてみたところ、ネズミさんの宇宙旅行は、
これまでに何回か行なわれており、
いろいろな実験が行なわれています。

なかには「無重力空間で手術を受けたネズミさん」
なんてのもいたそうです。

Aviat Space Environ Med. 2005 Jun;76(6):589-93.
Animal surgery during spaceflight on the Neurolab Shuttle mission.

ネズミさんの手術ができるなら、
ヒトの手術もなんとかできそうですよね。

ただ、ネズミさんが宇宙飛行するには、
それなりの苦労があるようです。

無重力下でのネズミさんのお世話で一番大変なのは、
やはりおしっこの後始末。
ヒトの場合は自分でトイレが使えるからいいんですけど、
ネズミさんはそうはいきません。

地上では、おがくずを引いてさえやれば、
おがくずがおしっこを吸収してくれるし、
臭さをある程度抑えてくれます。
でも、無重力状態では、この手は使えません。
おがくずもネズミもおしっこも、
おんなじ空間でふわふわ浮いてしまうから。

それでも、研究者はいろいろと工夫をして、
ネズミさんを宇宙へと送ってきました。
マウス(小さいネズミさん)は、ストレスに弱く、
宇宙飛行にはむかないとされていますが、
ラット(大きいネズミさん)は20回以上の宇宙飛行が
これまでに報告されています。

で、最近は、ネズミさんの中でも、
乾燥地生まれのスナネズミが注目されています。
乾燥に強いスナネズミは、おしっこの量がものすごく少なく、
お世話がとても楽なのだそうです。

果たして、これからどんな研究結果がでてくるのか。
薬作りに革命を与えるような発見が出て来てくれるといいなぁ。
ネズミさんたちの活躍に期待したいです。

↓↓いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m↓↓。
blogranking.gif

人気ブログランキングへ(モバイルの方はこちらから)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2009/09/12 23:20 ] 薬の話 | TB(-) | CM(-)
 

スポンサードリンク

この日記のはてなブックマーク数

このブログが生まれて
最近のコメント
プロフィール

薬作り職人

Author:薬作り職人
十数年、新薬の研究に携わる研究者(薬理系)でした。2012年4月から、企画職として、新薬のアイデア作りなどの仕事に取り組むことになりました。

薬学生向けの季刊誌MILで、「名前で親しむ薬の世界」「薬作り職人の新薬開発日記」って言うコラムを連載してました。

観光地で売ってるミニ提灯集めてます。妻子持ち(2児の父)、嫁さんからぐうたら亭主と呼ばれます。


薬&提灯 詳しくは
病院でもらった薬の値段
http://kusuridukuri.cho-chin.com/

お薬の名前の由来
http://drugname.onmitsu.jp/

ミニ提灯データベース
http://kentapb.nobody.jp/
でどうぞ。


本ブログに関するご質問・ご意見などはこちらまで↓
ご使用の際は、@マークを半角に直してください。

kentapb@gmail.com

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...